パクボゴム最新NEWS

あなたはどっち?「パクボゴムVSパクソジュン」夏のクールウェア対決!「韓国のアウトドアブランドCM」比較♪

Sponsored Link

みなさま こんばんは~ 今日の〆記事です (〃▽〃)ポッ

いや~ 今日はほんとに 暑かったですネ (;・∀・)
(今年初めて、クーラーをつけたくらい暑かったです…ww)
(結構 もちこたえてたのに さすがに無理でした( ̄∇ ̄;)w)

さて、そんな与太話はともかくとしまして…(^-^;
韓国も、今年は相当暑いらしく、こんな記事が登場しましたよ…ww

パク·ソジュン(K2)vsパク·ボゴム(アイダー)vsアン·ユジン(ネパ)
夏は氷だ! アウトドア「クールウェア」対戦

今日の〆記事は この話題からお届けしますネ さくっとチェックジュセヨですww

※上の写真2枚は 昨日ご紹介した写真です。
引用元ボゴム福祉部ザブラックレーベル投稿より引用※

パク·ソジュン(K2)vsパク·ボゴム(アイダー)vsアン·ユジン(ネパ)
夏は氷だ! アウトドア「クールウェア」対戦

ボゴミといえば アイダー(EIDER)なので♡
「どのクールウェアを着ますか?」と言われたら… 

ボゴペン一同、アイダーで決まり!!!

 

…なわけですが、実は、ほかにも、クールウェアがたくさん出てて。
いま、まさに「クールウェア対決」の真っ最中!? (^-^;

ということで 今日の記事。広告専門家さんのコラムなんですが…
いま 韓国にいたら こういうCM対決を見れるのね~ ということで!

ちょこっとご紹介しますネ。お時間があったら動画も再生してみてください~♡

[シン·ジェフンの広告解説138]
パク·ソジュン(K2)vsパク·ボゴム(アイダー)vsアン·ユジン(ネパ)
夏は氷だ! アウトドア「クールウェア」対戦

[ニューストゥデイ=シン·ジェフンコラムニスト]

連日、猛暑が猛威を振るっている。 このような異常高温現象は、韓国だけの問題だけではない。

「地球を襲った猛暑でインドで54人が死亡… 米国最高50度」というニュースのヘッドラインだけを見ても、全世界が体験する共通の問題だ。

皮肉なことに、予告された猛暑によって、ため息をつく大多数の人々とは違って、猛暑で歓呼する企業もある。今年は特に多く売れるという「窓型エアコン」などを販売する冷房家電企業、猛暑を吹き飛ばす清涼飲料を販売する食品企業。そして、着るだけで涼しくしてくれるという「別名クールウェア」を販売するアウトドア企業だ。

アウトドアブランドは名前と表現方法が違うだけで、同じ機能の製品を広告している。
全てのブランドの広告メッセージは、まさに「万能薬」のように、
「この製品一つさえあれば暑さの心配は終わりだ」という共通した主張だ。

[K2コードテンパク·ソジュン編]

大型扇風機、扇子、小型携帯扇風機を持って暑さと戦う3人の若者たちが見える。

パク·ソジュン:今年の夏、何をしても暑いよね? 着てみて、着たとたん涼しいコードテン。

Na(ナレーション): 超冷感・氷糸で、着る間ずっと涼しいコードテン

パク·ソジュン:これは必ず着てみなければならない

この広告はコードテンを真夏の必需品である「扇風機」「扇子」と同クラスにポジショニングしている。
いや、扇風機、扇子でも追い出せない暑さをコードテン一つで簡単に解決できる」という誇張されたメッセージを投げかけている。

[アイス・ザ・オンザロックパンツ パクボゴム編]

パク·ボゴムがカフェで飲み物を注文する。

パク·ボゴム:ここで一番冷たいものをください

バイト:(飲み物の代わりに氷垂らして凍らせてあるパンツをあげながら)ご注文のオンザロックが出ました

パク·ボゴム:アイスを3回追加し、冷たくて冷たいオンザロックパンツ

アルバイト:今年の夏、最も冷たい注文

パク·ボゴム:もう他のものは着られない

この広告は夏には氷が入った冷たい飲み物を飲むように、
「氷が入ったオンザロックパンツを着ろ」という主張を比喩で伝える。
そのため、名前もグラスに氷を先に入れて、お酒や飲み物を満たすという意味のオンザロックだ。

[ネパ アイステクシェル アン·ユジン編]

強烈な日差しを浴びながらアン·ユジン(IVEのメンバー)が緑色の自然を背景に踊り回る。

もう少し暑いのはどう? 私はこんなに涼しいのに/アイステックシェルでこの夏も一番クールな私になる

この広告は「避けられないなら楽しめ」という名言のように、
暑さを避けようとせず、涼しい自然の中で楽しむように(ただし、アイステクシェルを着て)と主張する。

 

三人三色のクールウェア、どれを選ぶか分からなくなったら、このような方法はどうだろうか?

「扇風機」と「扇子」で暑さと戦うあなたなら、パク·ソジュンのコードテンを、
氷が入った冷たい飲み物で暑さと戦うあなたなら、パク·ボゴムのオンザロックパンツを。
緑色の自然の中で暑さを楽しむあなたなら、アン·ユジンのアイステックシェルを選択せよ。

 

シン·ジェフンプロフィール▶戦略コンサルティング代表(Branding、Marketing、Advertising戦略および実行総合コンサルティング)/現代自動車マーケティング/LGアド広告企画局長/ISMGコリア広告総括役員/ブラックヤクCMO(マーケティング総括役員)

 

原文サイトはこちら

 

アウトドアブランド3社のクールウェア対決!!

アイダー以外のCMは初めて見たのだけど…
EIDERが一番 よくなかったですか? (〃▽〃)ポッ

(ボゴペンの欲目かもしれないけども…一番 面白いし、目をひくし…)
ステキでしたよね!! (^ー^* )フフ♪

※ボゴム福祉部ザブラックレーベル投稿より引用※

やっぱさわやかボゴミの クール効果は断トツですネ (^ー^* )フフ♪
(byボゴペン)

それにしても、個人的にはなかなか面白い記事でした^^
ニューストゥデイのコラムニストさん チョンマルカムサハムニダでした♡

※超余談ですが、ネパのCMモデル アン·ユジンちゃんは、IVEのリーダーで、ナPDのバラエティ番組「ピョンピョン地球娯楽室」に出演してた方です(CMを見て気づいた系)ボゴミとアイダーCMで共演してるチャンウォニョンちゃんも、IVEメンバー。同じガールズグループのメンバーが、違うブランドを宣伝してて面白かったですww(余談)

今夜のちょこっとボゴミ 久しぶりのファンメイドVTR

さてさて、今日の午後の部は、話題が少な目なのだけど…
久しぶりに「本当にお疲れ様でした」ギャラリーをのぞいてみたら 面白い動画がありましたよ^^

ドラマギャラリーが紹介してた「パクボゴム×アイユ」ファンメイドVTR

まずは、「本当にお疲れ様でした」ギャラリーから。
※韓国には、dcインサイトというポータルサイトに、いろいろなファンカフェがあります。
パクボゴムギャラリーもそのひとつ。ドラマのファンギャラリーもあって、今回の話はどこからの話題です

▶パクボゴム×アイユ 「本当にお疲れさまでした」記念ファンMV

こんにちは。ギャラリーに来るのは初めてです。
ドラマの内容で作ったわけじゃないけど、本番前にこのカップルを見れると思う

解像度は1080Pです。楽しんで~

▶パク・ボゴムXアイユ(イ・ジウン)本当にお疲れさまでしたたカップル・パロディビデオ
(ホテルでルーナ、ボーイフレンドからのフェイク MV Park Bo Gum X Lee Ji Eun(IU)

※上の動画がうまく表示されていないときはこちらから飛んでください

原文サイトはこちら

 

おおお やっぱ このふたり♡ よく似合いますネww
さすが 同い年!! (^ー^* )フフ♪

久しぶりに ファンメイドMVを見たのですが… なかなか面白かったです♡

(早く ドラマの本編が見たくなりましたww)

パクボゴム×バースデーライブ 日本語字幕映像

そして最後は ボゴミのバースデーライブ。
日本語字幕をつけてくださってる動画が、全部で4本公開されています♡

(それでもまだ 全部じゃないところが すごすぎるww)
(今年のバースデーライブ 1時間もあったの、ほんとにすごかったですネ)

ということで 現在拝見できる動画を全部 リンク先だけご紹介しますね。
ステキな和訳 チョンマルカムサハムニダです<(_ _)>

パクボゴム 生配信 2023.6.16(日本語字幕) ① 박보검 パクボゴム
リンク先はこちら

パクボゴム 生配信 2023.6.16(日本語字幕) ② 박보검 パクボゴム
リンク先はこちら

パクボゴム 生配信 2023.6.16(日本語字幕) ③ 박보검 パクボゴム
リンク先はこちら

パクボゴム 生配信 2023.6.16(日本語字幕) ④ 박보검 パクボゴム
リンク先はこちら

 

ボゴミのトークって ほんとに面白いですよネ(^ー^* )フフ♪
見てるだけで 顔がゆるんじゃう感じ… 最高です♡

また続きが楽しみです。投稿主様 ありがとうございます♡
よろしくお願いいたします。 (〃▽〃)ポッ

 

ということで 以上 今夜のちょこっとボゴミでした^^
ではでは今日はこのへんで♪ ここまでご覧くださりありがとうございましたww

ステキな夜をお過ごしください~ あんにょん~ (〃▽〃)ポッ

 

ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします(〃▽〃)ポッ

    パクボゴム、インスタストーリー更新!久しぶりの「曲」紹介はWENDYの「When This Rain」前のページ

    「私たちはどれだけ多くのパクボゴムを逃しているのか…」ギャラリーで話題の投稿が「日本の雑誌」だった件。次のページ

    Sponsored Link

    関連記事

    Sponsored Link

    Sponsored link

    最近の記事

    日本ブログ村ランキング

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー

    関連コンテンツ

    1. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム、ベルギーから台湾へ!「台湾でもうすぐ会いましょう!」(公式インスタス…
    2. パクボゴム最新NEWS

      別メディア報道も登場!「確認を待っています、パクボゴムが5/31にタイにやってく…
    3. ソボク関連ニュース

      「ソボク」韓国での初公開から1周年!「パクボゴム、5年ぶりの映画復帰作ですばらし…
    4. パクボゴム最新NEWS

      祝!「徐福」日本での映画配給会社が「クロックワークス」に決定!
    5. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴムデビュー10周年…香港ファンからの感動メッセージ「困難な日々の中でキミ…
    PAGE TOP