パクボゴム最新NEWS

「少年から大人の男へ…重要なことだけは変わらない」SBSfun記者のパクボゴムインタビュー

みなさま、こんにちはー 3連休初日ですネ♡
あいにくの天気ですが、今日もボゴミでほっこりしていきましょ~♬

さてさて 今日はですね… すごくいいインタビューのお話なんですよ~♡

「少年から大人の男へ…重要なことだけは変わらない」SBSfun記者のパクボゴムインタビュー

これ、昨日出た記事なんですけどネ、韓国や海外のファンさんがいっぱいSNSで紹介してて…Σ(゚∀゚ノ)ノキャー これは なにごと~~? と思って 読みにいったら、すんごいステキな記事だったんです~~(≧▽≦)/

ものすごい長文なんですけど… ボゴミ愛あふれる記事です♡
こりゃ~~ ファン的には必見かなー!(`・ω・´) …ということで、ご紹介させていただきます~<(_ _)>

 

Sponsored Link

5年前といま、重要なことだけは変わらないパクボゴム、少年から男へ

こちら、韓国メディア「SBSfun」さん発の記事です。
たぶん この記者さんは すごく温かい目で ボゴミの成長を見てくれてる感じがします♡

お初な話も いっぱい入ってる上に、聴いてる内容が秀逸!! すごいっす!SBSfunさん!!
でも…くどいんですけど… ほんとに めちゃくちゃ長いんですよ~~

↓こんな感じで…( ̄∇ ̄;)大汗 これ和訳するの…ちょっと挫折しかかりました… ←でも、好きでやってます💦

なので 少々ご覚悟頂いて、ご覧くださいませね~~<(_ _)>

難しいところも多々あったので、少々意訳してるところもあります。
そのへん 加味して 見てみて頂けると 助かります♡ ではでは さっそくご覧ください~<(_ _)>

パクボゴムが変化したって?… 「少年」から「男」へ

[SBS funE |キム・ジヘ記者]俳優パクボゴムとのインタビューを準備して、過去の記録を探してみた。 2014年8月、2015年5月、映画’バトルオーシャン海上決戦’と’コインロッカーの女’の封切りに合わせて、二度インタビューをしたことがあった。 ‘よいような双葉’で注目された、荒っぽい新人だった。

“良いキャラクターに会えば、大きいスターになるようです”

“違います。 一度に浮かび上がるスターになることは願いません”

黙黙と一歩ずつ歩いて、「速度より、深さを備えた俳優に成長したい」といい、その手で(言葉を)遮ったことを記憶している。

礼儀正しくて謙虚で、純粋で熱情的だった。 5年前のパクボゴムと今のパクボゴムは、どのように違うのだろうか。 この疑問を抱きながら、映画担当記者は、ドラマ放映終了インタビュー現場へ向かった。

ずっと’感謝’を口にして生きているパクボゴムは「インタビューができる今、この時間が大切だ」という話と共に、ドラマと関連した話、スポットライトを受ける俳優であると同時に、平凡な日常を大切にすることができる青年パクボゴムの話を惜しみなく吐き出した。どう変わったのか、重要なことだけは変わらない パクボゴムの話を伝える。

◆パクボゴムだから可能だった「愛し上手 キムジニョク」

ドラマ「ボーイフレンド」から「チョンポド(マスカット)青年」と呼ばれたパクボゴムは、チョンポド(マスカット)と緑茶の葉を混ぜたような、エメラルドグリーンのセーターを着て、インタビュー場所に現れた。礼儀正しく、90度の挨拶をした後、記者たちの名刺を受けて、いちいち媒体名と名前を確認した。そして、自分が顔を知っている記者には、数年前の記憶であっても、取り出して喜ぶ姿をみせた。

一番最初に聞いたのは、ドラマの結末の満足度であった。パクボゴムは、「満足している」と明るく笑って見せたチャスヒョン(ソン・ヘギョ)とキムジニョク(パクボゴム)の映画のような愛は、「公園のキスシーン」で美しく幕を下ろした。

パクボゴムは、最後のページをよく閉じることができた功労を、パートナーのソン・ヘギョに回した。「最初にソン・ヘギョ先輩がキャスティングされたときは、ひたすら震えて、不思議でした。撮影しながら、ソン・ヘギョ先輩がチャスヒョンをあまりにも完璧に演じてくれて、僕も、キムジニョクという人物に焦点を当てることができました。

特に悲しみを表現するに当たって、格別だと思います。僕も気づかないうちに、状況や感情に、確実に没頭することになりました。監督が「スヒョンは、ジニョクに、こう表現するのではないだろうか」とおっしゃるとき、さまざまな収束をします。「柔軟な演技とは、ああなんだ」と、ソン・ヘギョ先輩と感情演技をするたびに感じました。

キムジニョク。パクボゴムが、数か月の間、没頭していたこの人物は、「現実に存在することができるのだろうか」と思うほど、純粋で温かい男だ。有力政治家の娘で、有名ホテルのオーナーである、離婚歴のある女性に、旅先で偶然会い、恋に落ちてしまう。

富と名誉を、現代社会の目に見えない身分制とするならば、チャスヒョンは最上層、キムジニョクは、中間の下の、どこかに位置する平凡な青年である。パクボゴムは、なぜシンデレラストーリーの男女が変わったバージョンに見える可能性がある「ボーイフレンド」に惹かれたのだろうか。

「キムジニョクのキャラクターに魅了されました。人物自体が前向きで、愛の前では素直に、堂々としているでしょう。その中で感じられる感情が、とても純粋です。一番心に触れたのは、「自分自身を愛する心」でした。

キムジニョクは、僕と似ている部分がありながらも、(僕が)似たいと思う部分も多かったです。自分自身を愛すとは、利己的だということもできますが、自分を愛していなければ、他人を愛して配慮することができないと思います。

キムジニョクのそんな姿を見て「僕はそう生きて来た?」あるいは「生きているのか?」と自問できる機会でした。また、家族を愛する心にも、感じるところが多かったんです」

 

Sponsored Link

 

ドラマの設定の果敢さと無謀な部分は、パクボゴムという俳優が持っている特性と魅力で相殺された。 ‘パクボゴムが演技するジニョクだからこそ可能だ。’という共感と、説得力が付与される形になった。 パクボゴムだから可能だったとしても、演技する立場では、現実感ある表現のための悩みも、少なくなかっただろう。

「現実を反映をするドラマもあるけど、ファンタジー的な要素を浮び上がらせるドラマもあるでしょう。僕は、台本自体が面白く、その上、共感と理解ができる部分が多かったんです。 また、新鮮でもありました。

表現において、大きな困難は感じられませんでした。 僕が理解して、納得してこそ、演技が可能になりますが、ジニョクとして生きていくのは、大きな困難はなかったです。 それだけ、ドラマに没頭したようです。 監督は、ドラマを始める時から、”感情を最後まで推し進めなければならない”と強調されましたし、僕も、やはり最後までやり遂げようと努力しました。

「文学青年キムジニョク」と設定されたために、頻繁に登場した文語体のセリフも、パクボゴムだからこそ、より没入して(視聴者に)近づいてきた。

パクボゴムは、「今の人が見るには、アナログ的な姿のように見えると思います。でも、ジニョク自体が、文学青年として設定されていて、「子供おとなだ」という記述もあったので「これが魅力だ」と思って、演じました。実際、「こんなふうに話す人がいるだろうか?」という面もあるでしょうが、あり得ますよね? 僕がよく表現できたのかわからないですが、最大限、淡白に消化しようと努力しました」

◆ キューバの場面、感情演技は、どのように行っていたのだろうか…

キューバで撮影された、映画のようなメローシーンは、放送序盤から視線を集中させる原動力になった。 ドラマ撮影を始めた後、一番最初に進行されたキューバロケは、チャスヒョン代表と、キム・ジニョクの初めての出会いだけでなく、感情が熟して再会する場面まで、一度に撮影しなければならなかった。

ドラマ序盤部と、中・後半部に該当する感情シーンを、撮影初期に追い立てて、とったとのことを、視聴者たちは、ソン・ヘギョとパクボゴムの感情連結に感心した。

「そのような評価は、感謝しています。(笑)初めに、ジニョクが、ウェーブヘアで出てくるでしょう。そして、キューバで再び再会する場面では、すっきりした会社員の頭のスタイルで撮影する必要があったから、現地で髪を切りました。スタッフに、変わった頭を見て「別のジニョクが来たようだ」といっていただきました。

監督が「感情線を失ってはいけない」とディレクティングしてくださいました。この頃はジニョクが、男として、人間として、もう少し成熟した姿を見せてくれないか」とおっしゃったので、考えながら演技をしたと思います」

「ボーイフレンド」はスヒョンとジンヒョクのロマンスであると同時に、チャスヒョンとキムジニョクの成長談でもある。特に、キムジニョクは、運命のような愛に陥って、本質により集中する男になる。パクボゴムは、実際の自分より、年上のキャラクターを演じており、感情を介して成長する壮大さを演技で表現しようと努力した。

「スヒョンに会い、恋を確認しながら、ますます成熟する姿を演じていました。視聴者がその違いを感じたのか、分からないですが、ディテールにもっと注意したと思います。衣装や髪の毛の変化のような視覚的なものから、目つきや表情も、マスカットのような姿から、落ち着いた姿に変化を与えようとしました」

◆「パクボゴムの愛の方法」ストレートなスタイルは似ているが、ジニョクの方がクール

パクボゴムは、今回のドラマを通じて「キスシーン職人」という評価も受けた。ソン・ヘギョとの、完成した絵のようなキスシーンは、視聴者のファンタジーを満たした。その中で、ジニョクが、弟ジンミョン(ピオ)にした「公園のキス」は、パクボゴムのアドリブだった。

彼は「恥ずかしいですが、良く見てくれてありがとうございます。きれいな画像を作ってくださった監督のおかげです。公園のキスは、弟が兄を愛してくれる心を感じたら、キスをするのがジニョクらしいと思いました。台本にはなかったシチュエーションです」と笑ってみせた。

デビュー以来、初めて、愛をテーマにした本格的なメロに挑戦したので、個人の愛情観にも、少なくない影響を及ぼしたようだ。

「うーん…そうです。他の見方をすれば、間接的な体験をしたので…感情について、もう少し多様になったというか、特に、後半の別れの感情を演技するときは、この人を愛し、相手も僕を愛しているのに、手放すしかない状況だったじゃないですか。

男の気持ちは、男のほうがわかる、女性の心は、女性のほうがよく分かるのだと思いますが、ドラマを通じて、女性の心を少し理解することにもなりました。次の作品でロマンスをするときは、もう少し豊かな感情を示すことができると思います。

キスシーンぐらい話題を集めたのが、嗚咽シーンだった。 パクボゴムは、やはりその演技)に対する生き生きとした記憶をもっていた。

「撮影日程が、シーン通りの順番で進行されるのではないので、路上での嗚咽シーンは、別れようといわれるシーンの前にとりました。 僕は、セリフを見る時、感情を一番に優先して見るので ”お母さんが、私にみかん漬けを漬けて下さいました。 その素朴な、あなたの家庭の大切さを破りたくありません”という、スヒョンのセリフを思い出して、涙の演技をしました。

まだ撮られていない場面でしたが、セリフでの感情はもちろん、チャスヒョン代表とジニョクのお母さんが交わしたセリフ、感情と目つきを想像したら、よく没入できましたよ」

 

Sponsored Link

 

女性視聴者たちは、キム・ジニョクの直進愛の方法に、熱狂した。 それなら、パクボゴムの実際の恋愛スタイルはどうだろうか。

彼は「人それぞれ、愛する方式は違うでしょう。 僕も、ジニョクの愛表現方法が素晴らしいと思いました。僕と似ている点は、惜しみなく表現すること?  もちろん、僕を表現するに当たっては、用心深いところが少しあります。

こうお話するのは、行動をした時、相手の方は大丈夫だろうかと思う気持ちがあります。 ところで、ジニョクは”あなたは別れます。 僕は愛するでしょう”と直進するスタイルでしょう。 あ、愛に直進するところは、ちょっと似ているようでもありますね。(笑)”

パクボゴムは、ジニョクの愛の表現やイベントの中で、最も記憶に残っているのは、フィルム缶にリングを入れて渡したプロポーズを挙げた。また、ドラマ全体をひっくるめて、一番良かったシーンには、スヒョンとジニョクのビデオ通話のシーンだと語った。

「現実の恋愛をしているようでした。お互いを愛する心が届いたんです。その場面は、実際に、ビデオ通話したのではなく、それぞれ事前に録画しておいた画像を見て、別に演技をしました。後でドラマを見ながら、視聴者の心でときめきましたよ。

また、ジニョクのお母さんやお父さんとのシーンもすべても良かったです。そして、カフェでの先生との場面も。セリフの中で「その人がたくさん笑うんです」というのがありますが、誰かが僕を笑顔にする人が、周りに一人でもいるのが最大の祝福だ、その大切さを忘れないようにしようと思いました」

放送中、ずっと話題性だけは1位だったドラマのパクボゴムの感慨も特別だった。彼はどのような反応に、最も気もちがよかったのだろうか。

「男性ファンの予想外の反響と夫婦視聴者の熱い反応が、特に記憶に残っています。赤ちゃんを寝かせて、夫と毎回ドラマを取りまとめて見るという主婦の視聴者の方たちもです。「面白く見ている」と、「感謝する」といわれて、その気持ちがとてもよかったです」

◆ファンミーティングでの嗚咽はなぜ?  ”何でもない僕を…”

パクボゴムは、ドラマが放映終了した、その週末、ファンミーティングを開いた。一番最初にファンたちに会って、有り難いと感謝を伝えたかったという彼の心が、そっくり入れこまれた日程だった。

この日、パクボゴムは、歌とダンス、ピアノ演奏など、隠した浮気心を精一杯発散して、ファンたちを熱狂させた。 すべての舞台は、たったの二日で準備したと分かって、驚きをかもし出した。

“恥ずかしくて… とにかく恥ずかしいんですが、公演前の二日しか、練習ができませんでした。 ドラマの打ち上げが、’ボーイフレンド’の最後のスケジュールでしたし、その後の2日後が、公演だったんですよ。 幸い、振りつけの先生がよく教えてくださったおかげで無事に舞台を終えることができました。 ピアノは幼い時から着実にひいてきて、好きだということもあり、難しくはかったんです”

パクボゴムは、CFで’星を見に行こう’を歌い、日本の音源チャートで1位に上がったことがある。 甘美な音声と期待以上の歌唱力が引き立って見えた。 原曲は、チョクチェが歌ったが、パクボゴムバージョンが、大きい人気を得て、歌が再発見されたという評価を受けた。

「とても不思議でした。その歌を知ってはいましたが、広告を介して、良い歌を歌うことができるることに感謝しましたし。チョクチェさんが直接プロデュースとディレクティングをしてくださいました。このように大きな関心を持っていただけるとは、わからなかった.. 僕の好きな音楽を、正式ではないですが、今後、少しずつ歌う機会があったらいいですね。」

パクボゴムは、ファンミーティングで涙を見せた。「つーっ」と流すレベルではなく、嗚咽に近い涙で、ファンの心をキュンとさせた。この日流した涙の意味は何だろうか。彼はこう言った。

「今まで僕を愛してくださったファンのために、僕はこのように良い道を来たんじゃないかと。考えてみれば、僕のファンの方々に、差し上げたものがないんですよ。ただ、演技だけ、おみせしただけです。それでもファンの方は、条件なしで僕を応援してくださって愛してくださる。その瞬間、かっと胸にきました。このような感情は、常に持って、忘れないようにしています。」

 

Sponsored Link

 

◆パクボゴムの第2幕… 少年から男に「2019年走ること」

1993年生まれのパクボゴムは、今年で27歳になった。2011年の映画「ブラインド」でスタートし、今年でデビュー8年の時期でもある。ひたすら少年のように見えたパクボゴムも、今「男の香り」がぷんぷん出始めた。「ボーイフレンド」は、パクボゴムに、少年から男への成長を知らせる契機になったという点でも、意味があるだろう。

パクボゴムは“マスカット青年が成熟した男性に変化する姿を見せようといいましたし、それがよく表現できたとすれば幸運です。 演技的にも、非常に悩んだ作品だったんです。 次の作品では、ジニョクとはまた他の姿で、成熟した演技をお見せしますね」と話した。

過去8年間の大きな変化といえば、今、名前の前に「スター」という修飾語がついたのである。それだけ責任感も感じるようだった。彼に「初心」を聞くと、予想通り、落ち着いた回答を出した。

“良い方向に変化はできますが、人の本性が変質するようなことはやめようという気持ちを持っています。 “どのようにすれば、人が変わらないの?”という、そんな話も、ある程度理解していて、一理あると思います。 それでも、僕は、初めて’ブラインド’のオーディションをした時の、震えて、ときめいた心を、まだ記憶しています。

ところで、時間が過ぎれば過ぎるほど、ある程度は、作品を見る目、キャラクターを見る目が大きくなって、心にも余裕ができるでしょう。その余裕の中でも、時々忘れているものがありました。 初めての、ときめいた心です。 以前よりも、そういう心が大きくない自分を発見する時があります。 より良い方向に行くための変化は受け入れるものの、変質するのはやめなくちゃだめだと、繰り返し念を押します。”

パクボゴムは’正しい青年’の代名詞のように見なされる、自身のイメージに対しても、気持ち良く受け入れていた。

彼は”幼ない時から、そんな風に生きてきたからなのか、そうしたことに対して深く考えてみたことがないです。 良いと考えて、正しく行動をしようと思うから。 ‘人々が、僕をこのように見ているので、このようにしなくちゃ’と、考えてみたこともないですよ。 幼い時からの自分の姿を受け継いできていると思います。”

 

Sponsored Link

 

わずか、何年か前まで、オーディションを受ける立場だったらが、もう作品を選ぶ位置に上がった。 作品に参加するということにあたって、変わったプロセスに対して、彼は“それもまだぎこちない面があるにはあります。僕を考えて、思い出させて下さる方々に感謝したり… 僕の、その時期、その年齢、その状況で、よく表現できる作品を選ぼうとします。

何よりも 僕がはっきりと理解して、共感できるキャラクターが好きです。 もし僕が、20代始めに、ジニョクを演技したとすれば、確実に感じが違ったでしょう。 一歳一歳年を重ねることで、感じられる感情、積み上げる経験を通じて、じわじわ学んだこと、それを、多様な演技で見せてさしあげたいです。”と話した。

パクボゴムの明確な主観を広げることができるのは、周囲の人々のおかげである。自分を取り巻く「良い人」に感謝を表した。

「まず、僕が好きなことをできることについて、感謝します。希望することすべてに、機会が与えられるわけではないから、さらにそう思います。このようにインタビューをすることができる時間も、誰でも簡単に得られるものではないでしょう。だからこそ、大切だと思います。僕は、したいことしていて、その中で、良い人に会うことができて、感謝します。」

パクボゴムは、2019年に、より多様な活躍を予告した。スクリーンカムバックのための意思を尋ねると、「もちろん、映画も好きです。時間の大切さを感じているだけに、今の僕を、作品でよく表わしてほしい。考えてみれば、僕は、多くのジャンルを経験したわけではなかった。どんなジャンルでも良いです。僕がよく理解して、共感することができるなら」と笑って見せた。

次期作では、イヨンジュ監督の映画「徐福」が挙げられている状況である。クローン人間徐福に変身するパクボゴムは、スクリーンでまたどんな魅力を発散するのだろうか。心地よい疑問符がついていく。

パクボゴムには「良い影響」という言葉が思い浮かぶ。デビューの頃から着実に追求してきた彼の理想もある。

「その心も、変わらなかったです。良いオーラを伝えてくれること自体が好きです。作品を見たときに、幸せを感じさせてくれる演技者になりたい。今はもう少し、心と夢が大きくなったような気もしています。でも、最終的にはより良い演技で良い影響を実践したい」

原文サイトはこちら

 

みなさま…  ものすごい長文でしたが…大丈夫でしたでしょうか~(;^_^A
このインタビュー、ボゴミらしさがにじみ出てて ほんとに、この記者さんのすごい力量を感じました(`・ω・´)

SBSfunEのキムジヘさん!! グッジョブ!!!
ホントに ステキなインタビューを ありがとうございました~~~<(_ _)>

ところで このメディアさんだと思うんだけど…インスタで…
カメラマンさん(?)が ボゴミの他の写真も大放出してくださってるんですよ~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

お借りしてご紹介させていただきます~~<(_ _)>

コ・ダヒョンさんの投稿より「カワイイ春の福がオアシスに…」

インスタの投稿コメント和訳(難しすぎて 訳が分からないとこあり ミアネ(´・ω・`))

ナムチン’ジニョク’を、よく離れて見送るために、小道具で準備したフィルムカメラ.
but. ’花’に気をとられて、渡すのをうっかり .. そうなの。 とるばかりだった‘ジニョク’を入れよう。

私にはまだ12カットのロールが残っている。そうだ 私が一度してみよう。その悪いロール。.

花より水を探してさまよう、可愛い春の福が、オアシスに到着した姿を現わして。

チェテク9段 龍碁盤インテリアを背景として、牛乳飲んで’おかげで震えた~’と呼ぶ表情を、塀高等小学校とか。いつのまにか、許さない時間
‘このようなー~キューバ~’
psフィルム焼き付けカットおよびチューのにせ物を 報告します。 投稿元リンク先はこちら

この方の他の投稿にも ボゴミの写真やGIF画像が出てますよ~~~(;^_^A
「きっかり10分で 撮った」って書かれてて びっくり~~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

たくさんのメディアが集まってたから、1社あたありの撮影時間て すごく短かったみたい…( ゚Д゚)/
なかなか 面白かったです♡ 見に行ってみてください~~ コダヒョンさんのインスタTOPリンク先はこちら

あ! 飛んでく前に~~~ いつものこちらも~~~ よろしくお願いします~~<(_ _)>

ブログランキングに参加しています!!

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

おも~ 今日も1ポチ ありがとうございました~~~ (〃▽〃)ポッ

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. パクボゴム最新NEWS

    パクボゴム、2019 Season’s Greeting #03 公開♡

    みなさま こんにちは~ 今日はまたまた 朝6:16…

  2. パクボゴム最新NEWS

    「楽しい秋夕をお過ごしください」パクボゴムの秋夕ご挨拶VTR登場♡

    皆さま アンニョンハセヨ~ 今日は、9月なのに…信じられない暑さで…(…

Sponsored Link

Sponsored Link

最近の記事

日本ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

Sponsored link

関連コンテンツ

  1. パクボゴム最新NEWS

    パクボゴム2019アジアツアーバンコク|20190216|ファンとボゴミの熱~い…
  2. ソウル

    【鍾路】パクボゴムの書店デート♡「ボーイフレンド」14話ロケ地「永豊文庫」
  3. パクボゴム最新NEWS

    新CM公開まで、あと2日!パクボゴム×EIDER2019FW♡
  4. パクボゴム最新NEWS

    「全部すごいよ!ボゴム君!」MCさんを感動させたパクボゴムin日本ファンミエピソ…
  5. パクボゴム最新NEWS

    「うちの美しい嫁のドラマを必ず見て下さい」ソンジュンギの父がボーイフレンドを応援…
PAGE TOP