パクボゴム最新NEWS

韓国ドラマ「青春の記録」第10話あらすじ|「演技大賞」

韓国ドラマ「青春の記録」第10話のあらすじです。

韓国での放送日:2020年9月29日 視聴率:首都圏有料プラットフォーム世帯基準で平均10.1%、最高11.7%を記録し、地上波を含む全チャンネル1位になった。最高視聴率、平均視聴率共に過去最高を記録。

韓国ドラマ「青春の記録」第10話あらすじ|「演技大賞」

次作に選んだ時代劇「王の帰還」で、ついに「演技大賞」を受賞!!
恋愛も、仕事もすべてが順調!! 夢に向かって、いっきに駆け上がるヘジュンが眩しい第10話です♡

※「青春の記録」は、各話にタイトルがついていません。そのため、ここでつけているタイトルは、内容にあわせて私が命名したものです。本作とは関係ないのでご注意くださいねww
※完全ネタバレのあらすじです。ご注意ください※

Sponsored Link

「青春の記録」第10話あらすじ|「演技大賞」

※10話は、9話のラストからの続きでは、始まりません。(演技大賞受賞は、10話の途中で出てきます(^^;))

前日、自宅にやってきた父親(ソンチャンミン)と本音で語り合い、父の支援を受けることを決めたアン・ジョンハ(パクソダム)。

翌朝、ジョンハは、父と朝食をし、通帳を受け取った。 父は「結婚する時にあげようと貯めたお金だ。お父さんはまた絵を描くよ。君に見せるためにパパは最後まで一生懸命生きる。幼い頃を台無しにしたけど、人生を大切に熱心に生きてきた人として記憶されたい」と伝えるのだった。

ジョンハは、父親の助けで、個人のショップを運営することを決め、辞職届を出して、ジンジュ(チョ·ジスン)からの謝罪も取り付けた。

 

一方、時代劇「王の帰還」の撮影まっただ中のヘジュン(パクボゴム)。ジョンハへの電話を欠かさないヘジュンは、ジョンハから「父から支援を受けることにした」と聞くと、「人に頼れないトラウマ」をジョンハが克服したことを喜ぶのだった。

 

ジョンハと電話をしたその日、また別の出来事があった。ロケの最中に、元カノのジア(ソル·イナ)がロケ地まで訪ねてきたのだ。差し入れを持参してやってきたジアに、「いま大事な人がいる」と、冷たく接するヘジュン。

「あなたと別れたころの私とは違う。親のいいなりにならなくてもいいし、自立してる」というジアに、「僕もあのころの僕とは違う」と言いきるヘジュン。ふたりは過去、2回つきあって2回ともジアから別れた経緯があった。「友達として過ごそう」というジアの提案にも、ヘジュンは「君とは友達になれない」と、きっぱりと拒絶するのだった。

 

そのころ、ヘヒョ(ビョン·ウソク)は母のイ·ヨン(シン·エラ)をはじめ、周りの人々が自分とヘジュンを比較することに苦しみ、ジョンハに救いを求めていた。ヘヒョは、ジョンハに「一緒に夕食を食べよう」と提案したが、ロケが終わったヘジュンと、家で会う約束をしていたジョンハは、その誘いを断るのだった。

ようやくソウルまで戻ってきたヘジュン。マネージャーのミンジェ(シン·ドンミ)が、ジョンハの家の近くで車を停めると「くれぐれも、写真を撮られないでね」というと、ヘジュンも「気をつける。 記事が出ると、ジョンハが苦しむから」と答えた。

しかし、そんなへジュンを、物陰から撮るパパラッチがいたことに、ヘジュンはまだ気づいていなかった。

 

ジョンハが戻ってくるまで、直接料理を作ってジョンハを待っていたヘジュン。ジョンハが返ってくると、2人は夕食をともにしながらホームデートを楽しんだ。

ヘジュンが出演した映画「平凡」を見たふたり。ジョンハが「最近どんな気分?」と尋ねると、ヘジュンは「今の状況が本当なのか、このまま続くのか、不安だ。1日に何度も自分の名前を検索してる」と答えた。

ジョンハも「私も不安。 店を出して失敗したらどうしようって。 ヘジュンはうまくいって不安。私は、倒産するのではないかと不安。 不安にも階級がある。サ·ヘジュンはいつもレベルが高い」と慰めた。

そんなジョンハの言葉に、ヘジュンは「今起きているすべてのことをポジティブに考えるよ」とほほ笑むのだった。

 

一方 ヘジュンの人気が高まるにつれ、ヘジュンに関する報道記事も増えていた。そんな記事に、ちらほらと書き込まれていく中傷コメント。

「ヘジュンは、チャーリーチョンがパトロンだった」
「ヘジュンは、同性愛者だ」 銀行の同僚から、この中傷を見せられた兄、ギョンジュン(イジェウォン)は、根も葉もないうわさをわざわざ見せる同僚に、憤るのだった。

 

 

ヘジュンが主演したドラマ「王の帰還」が大ヒットした。
シンドローム級の人気スターになったサヘジュンは、ついに、演技大賞のMCに。そして「最優秀賞」の候補に上がった。

授賞式の当日、ヘジュンは控室で、プレゼンターで出演するモデル時代の先輩、ミンス(パク·ソジュン)と久しぶりに再会した。

ミンスの熱烈ファンだと、マネージャーのミンジェ(シンドンミ)をミンスに紹介すると、ミンジェは「あなたのファンです。作品は全部見てます!!」と明かして、速攻でサインをねだり、笑いを誘った。

 

ヘジュンは、家族が見守る中、パクドハを抜いて「最優秀賞」を受賞した。

壇上に上がったヘジュンは、「1年前までは名もない俳優でアルバイト生でした。 あの時、私を応援して、支持してくれたおじいさん、ありがとう。オンマ、愛してる。 最初から一緒にしてくれた皆さんの応援を忘れません。ありがとうございます!」と挨拶した。

※最初から一緒にしてくれた皆さんの応援を忘れません。ありがとうございます!=この日の放送後にボゴミが本人投稿したSNSに書かれていた言葉が、このセリフです※

授賞式が終わり、皆からの祝福を受け、記念撮影を繰り返すヘジュン。ロビーでは家族に囲まれて、受賞の喜びを分かち合った。ジョンハはその様子を見て、そっと会場を後にするのだった。

 

会場の外に出たジョンハは、ちょうど、新人賞をとることができず落ちこんでいたヘヒョと出会い、車で送ってもらうことになった。帰る途中、元気がないヘヒョを食事に誘ったジョンハだったが、ヘヒョはストレスで、食べたものを全部吐いてしまった。ヘヒョは、「新人賞をとりたかった。 ヘジュンと比較されるのは嫌だ」と気持ちを吐き出すのだった。

 

ジョンハと連絡がとれなかったヘジュンは、家族と共に、家に戻った。家にいたギョンジュンから「なぜ受賞式で、お父さんに感謝の言葉をいわなかったんだ。絶対傷ついてるぞ」と指摘され、複雑な心境になるヘジュンだったが、何もいえなかった。

 

俳優として有名になるにつれ、家族も変化していたが、これまでのことで、父子はなかなか歩み寄れないままだった。こうして、この日は疲れて寝てしまったヘジュン。携帯に、チャーリーチョンからの着信があったことに気づかないままだった。

 

翌朝、事務所には「演技大賞」の受賞祝いがたくさん届いて、ヘジュンはますます多忙を極めつつあった。
事務所に向かうべく駐車場に車を停めたヘジュンに、1本の電話がかかってきた。江南警察署からだった。

「 チャーリー·チョンが死亡した件で、参考人として話を聞きたい」

その電話に驚いたヘジュン。幸せのまっただ中で、また新たな試練が訪れようとしていた。

11話に続く

 

幸せの絶頂で… 最後のこの電話…!!!
予想だにしない展開で、思わず目が点… いったいこの先どーなるのー!?

というところで 1週間のお預け… (^^;)
ドラマ制作陣の演出 ほんとスゴイですよ…

1週間がほんと待ちきれない…( ̄∇ ̄;) ←青春の記録にどっぷりww

 

こほん!ということで 今回も、あらすじで書ききれなかった萌え萌えシーンを。
ここから写真と共に ご紹介します~~ 美写真の連続♡ ご堪能ください~(〃▽〃)ポッ

10話の萌え萌えシーン 美写真まとめ

まずはなんといっても^^ ヘジュンとジョンハのラブラブシーン!!
これがほんと ソダムちゃんが、「ヘジュンの大ファン 愛してる!」って感じがにじみ出てて(〃▽〃)ポッ

ほんと いい顔してるんですよ…(まるでボゴペン代表で出てるみたい…(〃ノωノ)w)

↑本人を目の前にして 「Σ(゚∀゚ノ)ノキャー――!オッパー!!」は ほんとにすごかった… (〃ノωノ)

速攻で漫画が出てくるくらい (^ー^* )フフ♪ ペンの気持ちを代弁してたシーンですよ、ここ♡

こちら このシーンのネトフリチャンネルからの動画です! 日本語字幕付き!
ぜひ 再生してみてください♡(〃▽〃)ポッ

▶Park So-dam swoons over Park Bo-gum’s fictional drama character | Record of Youth Ep 10 【日本語字幕 CC】

 

何回見ても 面白すぎる…!!(〃ノωノ)ww

10話でお家デートは2回あったけど どちらも、萌え萌え間違いなし!!

家に帰ると 鬼カワイイ ヘジュニが笑顔で…

「ごはんできてるよ…手洗ってきて Σ(゚∀゚ノ)ノキャ」 ここで、まず倒れるww

 

 

で うれしさ大爆発で 後ろから ギュッ… (〃ノωノ)
ソダムちゃん~~~~!!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー ってなる。

 

さらに、べったりひっついて 本人が目の前にいる映画鑑賞… (〃ノωノ)www

 

で、「王の帰還」を見た日も これですもん~~~!!!
このソダムちゃんはほんとにすごかった… ボゴミも思わず笑顔だったに違いないwww

 

「青春の記録」のヘジュン&ジョンハカップルって♡
どのシーンも 超かわいくて… 萌え萌えですね (〃ノωノ)

この回は 鬼リピ確定です (^ー^* )フフ♪

 

あと 何気に いい味出してた 兄ちゃん!!

「ヘジュニの悪口を書いたやつら! まずは1人ずつ攻撃してやる!!」 ←兄弟愛炸裂ww

仲が悪いかと思ってたら こういうところは実は やっぱ兄弟。
こういうの 大好きですよww (^ー^* )フフ♪

 

 

あと、最後に… 想像以上に 出演シーンが多かった パクソジュンssi!!

9話に続いて 10話でも!! こんなにたくさん出てきてくれて♡

同じ画面で こんなにたくさんボゴミとソジュンssiが見れるとは…
もう これは感動しかない (〃ノωノ)ww♪ ←夢がかなった気分ww

とくに!! ここの、シンドンミさんとのかけあいは、「永久保存版」確定!!
いちばん面白かったのは シンドンミさんだけど ソジュンssiもボゴミも めちゃめちゃよかったです♡

ここも 無限リピで ぜひご覧ください~(〃▽〃)ポッ

 

第10話は ほんとにハッピーな回だったけど…
最後の「チャーリーチョン」事件… この先がほんとに気になりますネww

毎日、自分の名前を検索しちゃう。不安は成功の付録だっていうシーンがあったけど…
11話は 確実に不安のるつぼ… (;´д`)トホホ

 

芸能人の宿命とはいえ ほんとに色々なことがおこりますよ…(;´д`)ww

 

ボゴミ本人も、日本のリリイベで「毎朝、最初にすることは?」で。
ファンの書き込みを見て 元気をもらうっていってたのを思い出し…

 

ドラマの脚本が いっそうリアルに感じられました… ハミョンフィ作家。
ほんとにすごいと思う… この先も ほんとに楽しみです!!

 

 

ということで 最後に 「時代劇ボゴミ」の美写真追加をご紹介して、第10話のあらすじを終わります~~ww

 

 

ここまでご覧くださりありがとうございましたー^^

 

ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます♡ 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ポチリとよろしくお願いします~^^

「軍隊にいってもボゴムマジック!」パクボゴムが描いた「青春の記録」がますます話題!前のページ

イケメン揃いの公式写真、大公開!♡今夜のちょこっとボゴミまとめ次のページ

Sponsored Link

関連記事

  1. パクボゴム最新NEWS

    おかえり、ボゴミ♡無事帰国!仁川到着♡ 20190626

    皆さま アンニョンハセヨ~ ボゴミが無事に帰国致しました~♡お…

  2. パクボゴム最新NEWS

    「実際のパクボゴムは噂よりずっと優しかった」パクドハ役のキムゴヌが語ったボゴミ

    青春の記録・共演者さんインタビューシリーズの続きです^^今度は、ヘ…

  3. パクボゴム最新NEWS

    3/18発売のパクボゴム1stアルバム、楽天予約ランキングKPOP部門で1位!

    みなさま、アンニョンハセヨ~♬ ここ数日、すごい話題でいっぱいのボゴミ…

  4. パクボゴム最新NEWS

    パクボゴムとの約束を守ったファン…静かな入隊現場で感動の波(報道)

    皆さま、アンニョンハセヨ~ 昨日の余韻が冷めやらない中ではありますが……

  5. パクボゴム最新NEWS

    パクボゴム×イスンチョルMV、日本のiTunesランキングKPOP-MV部門1位に!

    みなさま こんばんはー♪ ちょっといいNEWSが出てきたので連投します…

  6. パクボゴム最新NEWS

    視線強奪!パクボゴム×コンユ「徐福」公式ポスター公開!!

    みなさま アンニョンハセヨ~ 今日も朝から「徐福」の話題が出てきました…

Sponsored Link

Sponsored Link

最近の記事

日本ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー

Sponsored link

関連コンテンツ

アーカイブ

  1. パクボゴム最新NEWS

    「青春の記録」共演者マネージャー&パクボゴム、2ショット公開♪
  2. パクボゴム最新NEWS

    今日2回目のボゴミRT!青春の記録「特別なへジュンの家族を紹介します」写真公開!…
  3. 2021年1月パクボゴムNEWS

    ボゴミの初広告を振り返り!「新しいTNGTの男」パクボゴム!初登場の美写真まとめ…
  4. パクボゴム最新NEWS

    ”今年も楽しい思い出ができますように”ヘアメイクさんがボゴミの直筆メッセージ公開…
  5. パクボゴム最新NEWS

    パクボゴムREVIEW|「善良な影響力を与える俳優になりたい」2014年のインタ…
PAGE TOP