パクボゴム最新NEWS

パクボゴムが語ったエンディングの妖精!「雲月エンディングの度にあがった瞬間視聴率」(2016年インタビュー)

Sponsored Link

みなさま こんばんは~ 今日の〆記事です~(〃▽〃)ポッ

今日は午後も… リアルタイムなnewsが出てこなかったので…(^-^;
メモリアル企画でお届けしますヾ(*´∀`*)ノ

今回は 2016年!「雲が描いた月明り」放送終了後のインタビューから…

パクボゴムが語ったエンディングの妖精!(2016年インタビュー)
↑ボゴミ…当時「エンディングの妖精」っていうニックネームがついてたんですよ^^

当ブログでまだご紹介していなかったインタビューです。
さくっとどうぞです (〃▽〃)ポッ

[インタビュー]パク・ボゴムが言った#エンディング妖精#正しい青年#キム・ユジョンと#ソン・ジュンギ(総合)

「雲が描いた月明り」といえば… 皆様よーくご存じ!
視聴率20%越えの超ヒット作!!

視聴率が20%超えたら 景福宮でサイン会しますっていう公約が実現したことでも 有名なドラマです♡

今日紹介する インタビューは、雲月の最終回(2016/10/18)が放送された後。
ボゴミが 山ほど受けたインタビューのなかのひとつ。

スポーツ朝鮮さんの記事から ご紹介しますネ。
(意外とお初の話もありましたよ 読んでみてください~)

[インタビュー]パク・ボゴムが言った#エンディング妖精#正しい青年#キム・ユジョンと#ソン・ジュンギ(総合)

スポーツ朝鮮=イ・スンミ記者 2016.10.26


ドラマ「雲が描いた月明かり」の主人公パク·ボゴムが26日、三清洞(サムチョンドン)のあるカフェでスポーツ朝鮮とのインタビューに応じている。 「雲が描いた月明かり」は初放送視聴率8.3%で始まり、7回目には「魔の視聴率」と呼ばれた20%を突破した。 『雲が描いた月明かり』のほのかな朝鮮青年たちのロマンスと宮廷暗闘を興味深く引き出して視聴者たちの心をつかんだ。 三清洞=チェ·ムンヨン記者 2016.10.26

 

[スポーツ朝鮮イ·スンミ記者]「大きな愛、本当にありがとうございます」

今月18日に放送終了したKBS第2月火ドラマ『雲が描いた月明かり』(演出:キム·ソンユン、ペク·サンフン、脚本:キム·ミンジョン、イム·イェジン)で聡明で美しい朝鮮の皇太子イ·ヨンを演じたパク·ボゴム。 26日午前、ソウル鍾路区三清洞(チョンノグ·サムチョンドン)で行われたインタビューで、「雲が描いた月明かり」に関するエピソードや作品を愛してくれた視聴者への感謝の気持ちを伝えた。

『雲が描いた月明かり』は視聴率8.3%(ニールセンコリア、全国基準)を記録し、8月22日に初放送を開始し、放送から3週間で視聴率20%を突破し、同時間帯の水木ドラマの最強者となった。 特に、パクボゴムの人気は空を突き抜けた。 前作のtvN「応答せよ1988」の大ヒット後、「チェ·テク(劇中キャラクター)のイメージから脱することができないだろう」という巷の憂慮さえ、きれいに吹き飛ばした。

パクボゴムは聡明で美しい朝鮮の皇太子であり、衰退していく朝鮮の最後の希望であるイヨン世子そのものだった。 外戚勢力の目を盗んで「不良皇太子」として過ごしているが、密かに自分と朝鮮の未来を準備するために内実を固めている剛直な人物を説得力を持って描き出し、気難しくも「私の女性」には温かいロマンス男の魅力もまともに生かした。

パク·ボゴムはドラマの熱い人気を全く予想できなかったと話した。 同氏は、「実は20%を超えるとは思わなかったので、公約を20%に掲げたんですが、こんなに大きく反応してくださるとは思わなかったです。公約の一環として韓服をきれいに着て故宮でファンサイン会ができる機会をくださって感謝します。

今度いつ、そんなに、景福宮でサインをすることができるでしょうか。 実際、1、2、3話目で視聴率が上がって、こんなに愛されるとは思わなかったので、本当にありがたいです。それで撮影現場でも元気が出て一生懸命撮影できました」と話した。

毎回熱い話題になったパク·ボゴムのエンディング。 毎回名ゼリフと名場面を残しエンディングを飾ったパク·ボゴムには「エンディング妖精」というニックネームまで付けられたほどだ。

このニックネームについてパク·ボゴムは、「エンディングの度に瞬間視聴率が上がり、本当に楽しくて感謝しました。 台本を見るたびに大声で叫んだり、緊張したり、ドキドキしたりすることが多かったです。イヨンのセリフをどう表現すれば、他の方々に感動を与えることができるか、たくさん研究もしました」と満足した。

続いて、一番気に入ったエンディングを選んでほしいという質問に、
「一つ一つ全て思い出されます。 特に「会えて嬉しいよ、ワンちゃん」というセリフを言う場面は心配も多かったんです。ある意味、恥ずかしくなるかもしれないし、練習をたくさんしました。 子犬(=ユジョンちゃんのこと)を呼ぶ時、いいトーンの部分だけを編集してくださってよく撮れたと思う。 「許さない」という台詞もとてもときめきました」と話した。

この日、パク·ボゴムは「雲を描いた月明かり」に特別出演して注目を集めたチャ·テヒョンと助言を惜しまなかったイムジュファン(※)、ソン·ジュンギなど所属事務所の先輩俳優たちに対する感謝も示した。

※原文では、イムジュファンさんではなくオンジュワンさんと書いていたのですが 他社の記事でもイムジュファン+同じ事務所にオンジュワンさんはいないので、当ブログでは修正して記載しています。

「チャ·テヒョン先輩が快く特別出演をしてくださって本当にありがたかったです。そして、本当に感謝した先輩はジュファンさんです。 ジュファンさんが時代劇をたくさんされたんですが、僕が時代劇をする時に臨まなければならない姿勢や身なり、こんな新しい部分を電話で話してくださったんです。

ジュンギ兄にも感謝しました。 僕はバランスが取れず、自分の演技に確信がなかったんです。それで(うまくできるように)たくさん祈りました。でも、ジュンギ兄さんに電話で悩み相談をしたんですが、ジュンギ兄さんが自信を持ってやれって、頑張れと元気をくれたんです。 その時、本当に力が出ました」と付け加えた。

パク·ボゴムはドラマの熱い人気をパートナーだったキム·ユジョンのおかげだと話した。

「僕は時代劇が初めてでしたが、ユジョンは時代劇について経験が多いです。 僕がキャッチできなかった部分まで気を使ってくれて本当にありがたかった」と話す彼は、年末(KBS演技大賞)に自分ではなく、キム·ユジョンが良い賞をもらってほしいという気持ちを示した。

「受賞は僕ではなく、ラオン·ユジョンにしてほしい。 サムノムを愛らしく演じてくれた」と話した。 続いて、「僕はベストカップル賞をもらいたい。 僕は昨年に続き、今年も授賞式に出席するという事実だけでも嬉しいです」

「雲を描いた月明かり」で韓国最高の人気俳優になったパク·ボゴム。 大衆が彼をもっと愛する理由は、彼の持つ特有の健康で正しいイメージのおかげだ。 このようなイメージが負担になるかもしれないが、パクボゴムは「全くそうではない」と明るく笑った。

「もしそのようなイメージをみせようと考えながら生きていたとしたら、そのような枠の中で生きていくのが大変だったはずです。僕はただありのまま生きているので、そんな負担は全くないです」と話した。 さらに、「しかし、そのような生き方をするのはよくないと思います。計算しながら生きていくのはよくありません。 僕は僕のスタイルで生きているので、全く負担になったり大変なことはありません」

原文サイトはこちら

 

いや~ 結構 有名な話も多かったんだけど…
細かいところで言うと… この2つは たぶんお初… (;・∀・)※当ブログで※

 

・ジュンギ兄&イムジュファンさんに相談したのが 電話だった のは私は初めてみました(^^;)
(事務所かどこかで会って相談したのかと思ってたww)

・エンディングの妖精の話で、印象的だった最後のシーンのセリフ。
それに、「 特に「会えて嬉しいよ、ワンちゃん」というセリフ」の話をしたボゴミ。

↑ これもお初 Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

 

いやはや… これまで結構たくさん インタビューを紹介してきたと思うんだけど…
まだまだ たくさん 見たことないのが残ってるもんですネ… (;・∀・)

さすがボゴミ!(取材された数がハンパなかった)

 

超ちなみになんですが…ボゴミが、終演後の集団インタビューを受けるようになったのは。
「応答せよ1988」から なんですよ~(応答せよのインタビューを和訳してて気づいた)

それまでは、基本的には、1社1社取材を受けてたみたいなのだけど…
応答せよのときに 取材依頼が殺到!!(100メディアくらいあったって)

1社1社受けてたら 1か月以上かかっちゃうよねww

 

ということで 始まったのが集団インタビュー!
だいたい 5~6社が1グループになって 一緒にインタビュー。
(2時間=1グループ 1日3グループくらいかな?)

で グループごとに ボゴミがお着換えするという…
(取材陣も大変だけど ボゴミが一番大変なのが「集団インタビュー」ともいえる)

 

ちなみに 上のスポーツ朝鮮さん。

ボゴミの服装は ベージュのセーターですよね^^

で この服装 でわかるのが… (;・∀・)

あ~ OSENさんも 同じグループだったのね~ とか。

 

あ! マイデイリーさんも いっしょだったのか~ みたいな? ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

(まぁ どうでもいいといえば どうでもいいんだけど…)
(ちょっとトリビアかな~ ということで♡)

↑ちなみに 違う取材グループでは 濃紺セーターだったボゴミ。
(朝鮮COMさん)

いろいろ面白いっす♡
(雲月の集団取材は2日間もあったそうですよ、すごいですよね)
(服装の種類を数えたら、何グループいたのかわかりますよ^^)

 

ということで 与太話+2016年インタビュー。
終わります~(〃▽〃)ポッ

↑最近見つけた 雲月ボゴミ♡

 

今日はここまで書いてきた段階でも ニュースが出てないわ…残念。

あ! ボゴミの話は出てこないけど…
先週 応答せよ特集をやってくれた「古家さんの番組」今日2回目の放送日ですよ~ww

古家さんの今日の投稿

本日22時からです‼️お見逃しなく👋

MUSIC LIST-OSTって何?-【公式】
@MUSICLIST_OST
· 8時間
BSフジ本日22時👀 #MUSICLIST
今日は #応答せよ1994 #応答せよ1997 📺
いつもは塚地さんと古家さんに翻弄される鈴木さんですが、今日は逆😃鈴木さんがめちゃくちゃ熱く語ります📢
視聴者の皆さんついてきてくださいね👍
#塚地武雅
#古家正亨
#鈴木美羽
#コ・アラ
#ソ・イングク
#チョン・ウンジ

投稿元リンク先はこちら

 

ということで 今日はこのへんで~ ここまでご覧くださりありがとうございました(〃▽〃)ポッ

 

素敵な夜をお過ごしください~~ あんにょん(〃▽〃)ポッ

 

ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします(〃▽〃)ポッ

    パクボゴム「初めて味わった韓牛ホルモンの感想は?」10年前の本人投稿(2012年)を振り返り♪前のページ

    「イヒョリみたいな友達がいたらいいな」ボゴミと共演!「ヒョリの民宿」でおなじみの姉さんの、ほっこりするお話♡次のページ

    Sponsored Link

    関連記事

    1. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム、キムソノ、パクボヨン「秋夕の日」ファンから愛されるウサギ顔のスターたち♪

      みなさま、あんにょんはせよ~ 今日は、韓国のお盆「秋夕(チュソク)」で…

    2. パクボゴム最新NEWS

      「善良な男、パクボゴム」~ボゴミが語った家族、音楽・演技の話~2015年SINGLESインタビュー

      みなさま、アンニョンハセヨ~ ついに今日から7月♡ ソボクの公開月にな…

    3. パクボゴム最新NEWS

      イ・スンチョルが絶賛!「実物のパクボゴムは、背も高くて完璧」KBSバラエティ番組動画登場!

      みなさま、アンニョンハセヨ(2回目)は、予告から話題だったこちら!ヾ(…

    4. パクボゴム最新NEWS

      ソウルに初雪…「Now Playing」ボゴミおすすめの雪の歌♬

      みなさま アンニョンハセヨ~ 今日はソウルに雪が積もったみたいで♡…

    Sponsored Link

    最近の記事

    日本ブログ村ランキング

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー

    Sponsored link

    関連コンテンツ

    1. パクボゴム最新NEWS

      「パクボゴム、ひとり旅を終えて入国~」メディア記事和訳♪
    2. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴムとアイユが、夜ごと日記を書く理由&応答せよ公式SNSがボーイフレンドを…
    3. パクボゴム最新NEWS

      「私はもう思い残すことはない」2022年の日付入り!新年最初のボゴミのサイン、登…
    4. パクボゴム最新NEWS

      ボゴミからのお目ざめの甘~い言葉♡朝日放送「おはようコール」VTR!
    5. パクボゴム最新NEWS

      広報番組でも反応爆発!パクボゴム×コンユ「徐福」尋常ではない熱気♪
    PAGE TOP