パクボゴム最新NEWS

韓国ブロガーさん発「パクボゴム&アイユ主演ドラマの出演陣情報」をちょこっとおさらい♪

Sponsored Link

みなさま こんばんは~ 今日の〆記事です~(〃▽〃)ポッ

今日の午後の部は…メディアさんが実に静かで…ちょっとびっくりしておりますww(;・∀・)
(最近、すごいニュースが多かったから、一休みかな?)

ということで、今日の〆記事は、韓国ブロガーさん発の話題から♡

「パクボゴム&アイユ主演ドラマの出演陣情報をちょこっとおさらい♪」してみましょ~ヾ(*´∀`*)ノ

アイユ・パクボゴムドラマ「本当にお疲れさまでした」出演陣情報

ボゴミ、除隊後、初ドラマになる「本当にお疲れさまでした」。
公式確定の記事が出たのが、1月27日だったから…

もう1週間以上前になるとは… 月日の流れが早いです…(;・∀・)

で、この間出てきた情報が…「ボゴミ&アイユの出演確定!」と♪
壮年時代の主人公は「パクヘジュン&ムンソリさん」が担当するというお話。

 

いま現在、キャストについては、これ以外の詳細は、ほとんど出てないのだけど…
放送時期は?? とか。どこで放送するの?? 
といった話などなどを推測してるブロガーさんがたくさんいらして…

いまからご紹介するのも そのおひとり。
ネイバー公式のインフルエンサー「珍梅さん」が、紹介してくれた内容です。

メディア記事にも出てきた内容も多いのだけど…
「おさらい」するのに ぴったりの内容でした^^ よかったらさくっと読んでみて下さいー(〃▽〃)ポッ

アイユ・パクボゴムドラマ「本当にお疲れさまでした」の意味、出演陣情報

最近キャスティングが確定した話題のドラマ
「폭싹 속았수다 뜻:韓国語の標準語での直訳は「すっかりだまされた」
意味:「お疲れ様でした」という意味の済州島方言です。

<ミセン>、<私のおじさん>、<シグナル>などを演出したキム·ウォンソク監督と<ベクヒが帰ってきた>、<サム、マイウェイ>、<椿の花咲く頃>などを執筆したイム·サンチュン作家が意気投合した作品です。

登場人物&出演者情報配役/俳優名

エスン IU(イ·ジウン)/ムン·ソリ
「要望の粒ジャガイモ」のような反抗児。

いろいろとしっかりしなければならない状況だったが、反抗する度に声はヤギのように震える肝の小さい文学少女でもある。貧乏だが陰ることもなく、薄暗い塀の陰の下でも必ず太陽に向かって伸びる草花のような人物だ。学校さえ通えない状況でも詩人を夢見る、泣く時も隠さず、笑う時は海中に響くように笑う堂々としてしっかりしている。

グァンシク パク·ボゴム/パク·ヘジュン

寡黙で、固い「鉄」のような人物。毎日勤勉で誠実な人物で、至極の誠実さがどれほど偉大な武器なのかを知る英特な鋳鉄だ。しかし恋愛においては純朴なだけの人物で、エスンが笑っても泣いても故障する。

最初からよそ見もせずにひたすらエスンだけを愛し尊重する黙言の戦士だ。時代をいいわけにして流されてしまいそうなエスンの一世一代の転機にはハンドルを切ってサイドブレーキを引き、時にはアクセルを踏んでしまう。


この作品はユニークなことに、1人の人物の「ダブルキャスティング」が行われました。

二人の主人公の幼年と壮年時代を行き来しながら、昔の写真のつらい背景の中でいつも笑っていた私の母、父の元気だった時代の話を描く予定です。

エスン&グァンシクの二人が描く物語は、母親の初恋の物語であり、父親の武勇談であり、反抗児だった祖母と愛し上手の祖父への献辞のような作品だそうです。当初「人生」というタイトルで知られていましたが、最終タイトルは「すっかりだまされた(本当にお疲れさまでした)」です。

イム·サンチュン作家の作品メッセージ、セリフが大好きで「椿の花咲く頃」以降の次回作を指折り数えて待っていました。

IU、パク·ボゴムがキャスティングの候補に上がった時から、実は「あれ?」と思ったんです。
というのも、何か新しい俳優の組み合わせを見たかったというか、なんとういうか(^-^;。

でも、よく考えてみたら、
パク·ソジュン-キム·ジウォン/カン·ハヌル-コン·ヒョジンも最初からぴったりだ!という感じではなかったような…
でも、ドラマを見た後は、あんなに似合う組み合わせはなかった!

 

検索してみたらずいぶん前からジャンルを問わず、
「見てみたい主人公」で、IU&パク·ボゴムの組み合わせ画像が多かったです

キム·ウォンソク監督まで信じて見る作家と監督の組み合わせなので、名作が誕生することを期待しています。

そういえば<私のおじさん>にIU、パク·ヘジュンが出演した縁がありますね。

「本当にお疲れさまでした」は今年上半期に事前製作に入ります。
放送会社はまだ未定なんですが、イムサンチュン作家の作品のほとんどががKBS編成なので、今回も有力なのではと思いますが、tvnもよく似合うのではないかと思います。

放送時期は、2023年下半期または2024年上半期と推定されます。

原文サイトはこちら

おおお~~ KBSという文字を見て…
ちょっとときめいちゃったわ…(〃ノωノ)ww

 

というのも、雲月以降の2作品は、全部tvNで…
それはそれでいいんだけど、tvNだと「年末の授賞式がない」じゃないですか…ww(´・ω・`)

 

なので、もしKBSだと、久しぶりに「大晦日に授賞式」を見るチャンス到来?!
とか…妄想がむくむく湧いてきて…(まだ撮影もしてないから、気が早すぎるけどww)

↑こういう感動シーンを また見たくなってしまったわ…(〃ノωノ)ww
(上の写真は、2016年12月のKBS演技大賞で、最優秀男優賞をもらったときのボゴミ)

 

でも KBSだと同日放送してくんないかも…Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
(ネトフリ同日配信は tvNのほうが断然多い。KBSだと、韓国の放送が終わってから日本配信しそう)

↑ またも 先走り妄想が止まらないボゴミの新作…ww
今から 気をもんでも仕方ないのですが… (^-^;

こういう妄想がいろいろできるのも 出演確定したおかげ!!

放送日が来るまで、楽しい妄想ライフを過ごしましょ~ヾ(*´∀`*)ノ

 

ということで 以上。おさらい的なブログ紹介でした♡
(韓国のインフルエンサーさんに感謝!)

 

 

そういえば… セリーヌオムのパリでのショーが…そろそろでしたよねww
ボゴミが渡仏するかどうか…気になりますネ…(〃ノωノ)ww

また ちょこちょこ チェックしましょ~ ^^

 

(今日は 今夜のちょこっとボゴミはお休みです (^-^;)
(明日はどっさり 話題が出てくるといいな…(〃ノωノ)ww)

 

ではでは今日はこのへんで^^ ここまでご覧くださりありがとうございましたww

素敵な夜をお過ごしください~ あんにょん~(〃▽〃)ポッ

 

ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします(〃▽〃)ポッ

    「パクボゴム出演の新規CMが1000万ビュー達成!」エースベッドのキャンペーン広告、24日間で記録を樹立!前のページ

    イドンフィ兄がラジオで「ボゴミと会った同窓会」の話を公開!「応答せよの集まりは子供のころの友達に会うようで…」次のページ

    Sponsored Link

    関連記事

    1. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム×TNGT、2019サマーキャンペーンの撮影現場VTR♡

      みなさま こんばんは~~♬ 今日出てきた、こちらの動画の続報です~~…

    Sponsored Link

    Sponsored link

    最近の記事

    日本ブログ村ランキング

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー

    関連コンテンツ

    1. パクボゴム最新NEWS

      韓国メディア発!「パクボゴム、ソンジュンギ、キムスヒョン…韓流スター3人組の活動…
    2. パクボゴム最新NEWS

      「役柄上、本当にボゴムを恋人のように思った」コンユ兄”徐福”エピソードを公開!
    3. パクボゴム最新NEWS

      美談が絶えないパクボゴム♪「学生時代、ファンサイン会…これまでの天使なエピソード…
    4. パクボゴム最新NEWS

      今年最高の期待作!パクボゴム「徐福」撮影中の全州撮影所♡香港ファンからの現場サポ…
    5. パクボゴム最新NEWS

      【速報】パクボゴム、1stアルバム「blue bird」3月18日発売決定!
    PAGE TOP