パクボゴム最新NEWS

ついにパクボゴムの次回作が公式決定!「椿の花」のイムサムチュン作家の新作でアイユと共演確定!!

Sponsored Link

みなさま 速報です!ヾ(*´∀`*)ノ

今日14時すぎから どどーーーっ!!と報道された ボゴミの「ドラマ出演確定」の記事。
すごい勢いで、増えてます!ヾ(*´∀`*)ノ

ということで 速報!!

ついに ボゴミの次回作が決定!!
パクボゴム、椿の花のイムサムチュン作家の新作ドラマでアイユと共演決定!

取り急ぎ、韓国メディアの報道を詳しくご紹介します!!

ついに公式に確定!パクボゴム、新作ドラマでアイユと共演決定!

まずは、韓国メディア「newsen」さんの記事から和訳でご紹介します。

※当初「人生」という名前だったドラマタイトルが、以下に変更になっています。

※ドラマタイトル:폭싹 속았수다(直訳すると、ばったりだまされた)。
仮題「人生」がこのタイトルに変更になりました。
「お疲れ様でした」という意味の済州語だそう。
※邦題がどうなるかわからないのですが 「お疲れさまでした」で和訳しています。

※当初ばったりだまされたで訳したのですが、日本語メディア(スポーツソウルの日本語版)で「本当にお疲れさまでした」というタイトルで出てきたので、修正しました※

IUXパク·ボゴム「椿の花」作家新作「お疲れさまでした」出演歴代級出会い成功[公式]

2023-01-27 14:05:21 [NEWSENペ·ヒョジュ記者]

IUとパク·ボゴムがイム·サンチュン作家の新作「お疲れさまでした」にキャスティングされた。

※ドラマタイトル:폭싹 속았수다(ばったりだまされた)仮題「人生」がこのタイトル変更。「お疲れ様でした」という意味の済州語

1月27日、製作会社のファンエンターテインメントによると、イ·ジウン(IU)とパク·ボゴムがイム·サンチュン作家の新作「お疲れさまでした」(脚本イム·サンチュン、演出キム·ウォンソク、製作ファンエンターテインメント、パラムピクチャーズ)に出演する。

「ばったりだまされた」は当初「人生」という仮題で知られた作品で、1950年代、済州で生まれた「要望の反抗児」エスンと「八不出の鉄」グァンシクの冒険いっぱいの一生を四季で描いたドラマだ。

「お疲れ様でした」という意味の済州語タイトルからも分かるように、「お疲れさまでした」は昔の写真のつらい背景の中でいつも笑っていた私の母、父の元気だった時代の話だ。 母親の初恋の話、父親の武勇談、祖母の反抗児時代、祖父の愛人時代など、あまりにも幼く、依然として弱い彼らの季節に送る献辞のような作品だ。

イ·ジウン(IU)は劇中「要望のあるジャガイモ」のような反抗児エスン役を演じる。 いろいろとしっかりしなければならない状況だったが、反抗する度に声はヤギのように震える肝の小さい文学少女でもある。 いろいろともう少しな子だが、陰りのない子だ。日差し一本もくれない薄暗い塀の陰の下でも、必ず太陽に向かって頭をもたげている草花のように有望な人物だ。学校さえ通えない状況でも詩人を夢見る、泣く時も隠さず笑う時は、海中に響くほど堂々としたキャラクターだ。

パク·ボゴムは無言で固い「鉄」のような人物グァンシク役を演じる。グァンシクは日々勤勉で誠実な人物で、至極の誠実さがどれほど偉大な武器なのかを知っている「英特な鋳鉄(並外れて優秀な鉄のように強い子)」だ。しかし、恋愛には水桃(うぶ)なので、エスンが笑っても故障し、泣いても故障する。

それでもやはり鋳鉄なので、最初から、ほかによそ見もせずにひたすらエスンだけを愛し、尊重する寡黙な戦士だ。
時代を口実に、明らかに流れていくことができた「哀順の一生一代」の岐路にハンドルを外し、サイドブレーキを引き、時にはアクセルを踏んでしまう。

「お疲れさまでした」は、ドラマ「ベッキが帰ってきた」「サム、マイウェイ」「椿の花咲く頃」などでシンドロームを起こし愛されたイム·サンチュン作家と「未生(ミセン)」「シグナル」「私のおじさん」等を通じて繊細な演出力を認められたキム·ウォンソク監督の出会いでも話題作に浮上した。

作品ごとに温かい慰労と愉快な応援を渡してきたイム·サンチュン作家とリアルでディテールな演出を披露してきたキム·ウォンソク監督が「お疲れさまでした」を通じて視聴者に忘れられない人生の四季をプレゼントするものと大きな期待を集めている。

ファンエンターテインメント側は「名実共に最高のスターイ·ジウン、パク·ボゴムと『お疲れさまでした』で共にすることになり、とても心強い」として「イム·サンチュン作家とキム·ウォンソク監督、そしてイ·ジウンとパク·ボゴムまで最強製作陣と出演陣が見る人たちの心を動かせる作品を作るために準備しているので、多くの関心をお願いする」と話した。

原文サイトはこちら

 

なんだか難しい表現が多くて ナゾな箇所もあるのだけど…(ミアネ)
ボゴミが演じる「グァンシク」!! すごーく似合ってるキャラじゃないですか…(〃▽〃)ポッ?

 

で、後続の記事に撮影時期の話もあり。もう1本、ご紹介します。

イム·サンチュン作家の新作「お疲れさまでした」、IUXパク·ボゴムのキャスティング確定 [公式]

 

[OSEN=キム·チェヨン記者] ドラマ「お疲れさまでした」に俳優のイ·ジウン(IU)とパク·ボゴムがキャスティングを確定した。

27日、製作会社のファンエンターテインメントによると、イ·ジウンとパク·ボゴムがイム·サンチュン作家の新作「お疲れさまでした」(脚本イム·サンチュン、演出キム·ウォンソク、製作ファンエンターテインメント、風ピクチャーズ)に出演する。 現在、企画の仕上げ段階であり、今年上半期に事前制作に着手する計画だ。

「お疲れさまでした」は当初「人生」という仮題で知られた作品で、1950年代済州で生まれた「要望の反抗児」エスンと「八不出の鉄」グァンシクの冒険いっぱいの一生を四季で描いたドラマだ。

「お疲れ様でした」という意味の済州語タイトルからも分かるように、「お疲れさまでした」は昔の写真のつらい背景の中でいつも笑っていた私の母、父の元気だった時代の話だ。 母親の初恋の話、父親の武勇談、祖母の反抗児時代、祖父の愛人時代などあまりにも幼く、依然として弱い彼らの季節に送る献辞のような作品だ。

イ·ジウンは劇中「要望のあるジャガイモ」のような反抗児エスン役を演じる。 いろいろとしっかりしなければならない状況だったが、反抗する度に声はヤギのように震える肝の小さい文学少女でもある。 もう少しだが陰りのない子 日差し一本もくれない薄暗い塀の陰の下でも、必ず太陽に向かって頭をもたげている草花のように有望な人物だ。 学校さえ通えない状況でも詩人を夢見る、泣く時も隠さず笑う時は海中に響く堂々としたキャラクターだ。

ドラマ「私のおじさん」「ホテルデルーナ」をはじめ、映画「ペルソナ」「ブロッカー」など多様な演技スペクトラムを見せながら俳優として存在感と信頼感を育てたイ·ジウンは、愛順の春、夏時代を引き受け、丸く堅い低木のように熟していく愛順の青春を吸引力を持って繰り広げる予定だ。

パク·ボゴムは無言で固い「鉄」のような人物グァンシク役を演じる。 グァンシクは日々勤勉で誠実な人物で、至極の誠実さがどれほど偉大な武器なのかを知っている「英特な鋳鉄」だ。 しかし、恋愛にはうぶなので、エスンが笑っても故障し、泣いても故障する。 それでもチュンシムもやはり鋳鉄で、最初から味見もせずにひたすらエスンだけを愛し尊重する黙言の戦士だ。 時代を口実に明らかに流れていくことができた哀順の一生一代の岐路にハンドルを外し、サイドブレーキを引き、時にはアクセルを踏んでしまう。

「応答せよ1988」「雲が描いた月明かり」「ボーイフレンド」「青春記録」そして「徐福」を通じて毎作品の演技力とスター性を認められたパク·ボゴムは、「自分の好きな人をしおらせることが、一番恥ずかしいことだ」と考える、一様にいつも青い松のような観識の青春時代を共感に引き出す予定だ。

「お疲れさまでした」はドラマ「ベッキが帰ってきた」「サム、マイウェイ」「椿の花咲く頃」などでシンドロームを起こし愛されたイム·サンチュン作家と「未生」「シグナル」「私のおじさん」等を通じて繊細な演出力を認められたキム·ウォンソク監督の出会いでも話題作に浮上した。 作品ごとに暖かい慰労と愉快な応援を渡してきたイム·サンチュン作家とリアルでディテールな演出を披露してきたキム·ウォンソク監督が「お疲れさまでした」を通じて視聴者に忘れられない人生の四季をプレゼントするものと大きな期待を集めている。

ファンエンターテインメント側は「名実共に最高のスターイ·ジウン、パク·ボゴムと『お疲れさまでした』で共にすることになり、とても心強い」として「イム·サンチュン作家とキム·ウォンソク監督、そしてイ·ジウンとパク·ボゴムまで最強製作陣と出演陣が見る人たちの心を動かせる作品を作るために準備しているので、多くの関心をお願いする」と話した。

原文サイトはこちら

 

現在、企画の仕上げ段階であり、今年上半期に事前制作に着手する計画だ。

 

おお~! これまで出てきた投資家さんたちの情報、ほぼあってましたね^^
とにかく ボゴミの次回作が決まった!!ということで 本当によかった!ヾ(*´∀`*)ノ

 

ということで 取り急ぎの臨時便速報でしたーーー
(夜の部で、続報をまたお届けします)ここまでご覧くださりありがとうございましたww

 

ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします(〃▽〃)ポッ

    韓国の大手スポーツ紙3社が続々報道「パクボゴムの移籍先は俳優活動+音楽分野のサポートができる事務所」前のページ

    パクボゴム×アイユの初共演で話題沸騰!新作ドラマ「本当にお疲れ様でした」の続報ちょこっとまとめ♪次のページ

    Sponsored Link

    関連記事

    1. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴムだからこそ可能だった「国民的ボーイフレンド」キム・ジニョク!

      みなさま アンニョンハセヨ♡ 今日は ちょっと遅くなりました~~(;'…

    2. パクボゴム最新NEWS

      雲月のキムソンユン監督→ボゴミへ♡「青春の記録」の撮影現場サポートプレゼント♡

      みなさま なんともステキな話題が出てきたので 速報します~~!!…

    3. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム、タイ・バンコク到着!空港にたくさんのファンが出迎え|写真&VTRまとめ

      みなさま こんばんは~♪ ボゴミが無事、到着しましたよ~(〃▽〃)ポ…

    4. パクボゴム最新NEWS

      「実際のパクボゴムさんに会って芸能人への偏見が完全に壊れた」海軍の同僚君が語ったボゴミ♪

      みなさま アンニョンハセヨ~ 今日はとってもステキなエピソードからお届…

    Sponsored Link

    最近の記事

    日本ブログ村ランキング

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー

    Sponsored link

    関連コンテンツ

    1. パクボゴム最新NEWS

      マスターニムからの追加写真がまた登場♡「パクボゴムinソウル護国音楽会」今夜のち…
    2. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム- 2019 Season’s Greeting #04 …
    3. パクボゴム最新NEWS

      海外メディア発!世界中のファンが投票した「週間韓国俳優トップ10」1位に、パクボ…
    4. パクボゴム最新NEWS

      「暗闇の中でも光り輝いていたパクボゴム!」今日(11/1)から兵長に昇級!除隊ま…
    5. パクボゴム最新NEWS

      ボーイフレンド2話の最大の名シーンを和訳!泥酔ボゴム、ヘギョ姉にスルメイカを「あ…
    PAGE TOP