パクボゴム最新NEWS

パクボゴム×アイユの初共演で話題沸騰!新作ドラマ「本当にお疲れ様でした」の続報ちょこっとまとめ♪

Sponsored Link

みなさま こんばんは~今日の〆記事です (〃▽〃)ポッ

1本前の臨時便投稿でご紹介したボゴミの新作ドラマ「お疲れさまでした」出演決定!
待ちに待ってたお知らせなだけに…感無量でしたネ…

あとから、じわじわきました…(´;ω;`)ウッ…

 

ということで、臨時便の後も続々登場してる「メディア記事」の中から。
目新しい話が出てるものを ちょこっとまとめてお届けします♡

ちょっと量が多いかもなので…気になるものを読んでみてくださいーヾ(*´∀`*)ノ

お知らせ

このドラマのタイトルは韓国語で「폭싹 속았수다」。
直訳すると「ばったりだまされた」なのですが、済州島の方言では「お疲れさまでした」という意味だそうです。このドラマの舞台が済州島なので、済州島の言葉でのタイトルでご紹介します。

※当初、直訳で紹介したのですが、日本メディアのみなさんも「本当にお疲れさまでした」というタイトルで報道されているので、そちらにあわせますね^^

※元の仮題は「人生」だったのですが、このタイトルに変更になりました。
※正式な邦題が出てきたら、また変わる可能性もあります。

 

ということで、まずは、今日の公式発表!
制作会社のファンエンタテイメントから「公式リリース」されたことがよくわかる記事。(^-^;

青春の顔IUXパク·ボゴムが「椿の花」の作家に会う時 [Oh!強い話題]

[OSEN=ヨン·フィソン記者] 「椿の花咲く頃」作家と、歌手兼俳優のイ·ジウン(IU)、そしてパク·ボゴムまで会って、ドラマファンの視線を一身に集めている。

ファンエンターテインメントは27日、新しいドラマ「本当にお疲れさまでした」(脚本イム·サムチュン、演出キム·ウォンソク)を上半期の事前制作を目標にしているとし、キャスティングラインナップなどの制作計画を発表した。 「本当にお疲れさまでした」は当初「人生」という仮題で知られた作品だ。 1950年代、済州で生まれた「有望な反抗児」のエスンと、「英特な鋳鉄(並外れて優秀な鉄のように強い子)」グァンシクの日常を、四季にわたって解きほぐす。

特に注目すべきは華麗な制作陣とキャスティングラインナップだ。 まず脚本を「椿の花咲く頃」として大きな愛を受けたイム·サンチュン作家が書く。 また、演出は「未生(ミセン)」、「シグナル」、「私のおじさん」、「アスダル年代記」を作ったキム·ウォンソクPDが引き受けた。 名前さえ言えば分かるような作品の作家と監督が一つの作品に集まり、ドラマファンの期待感を一層高めている。

男女主人公はさらに華やかだ。 イ·ジウン(IU)とパク·ボゴム。 イ·ジウンは劇中、反抗児のエスン役を演じ、女性主人公として出演する。 「私のおじさん」に続きキム·ウォンソクPDと再会するだけに、2人が再び万人の人生作を作り出すか期待を集める部分だ。 パク·ボゴムは寡黙な固い鉄のようなグァンシク役を演じる。 「応答せよ1988」、「雲が描いた月明かり」、「ボーイフレンド」、「青春記録」を通じて時代を超越して青春の顔を見せてきたパク·ボゴムが、今回はどんな「青春」を見せるか好奇心を刺激する。

何よりも前作で見せてくれたイム·サムチュン作家のメッセージが「本当にお疲れさまでした」でも再び輝く展望だ。

イム·サンチュン作家は「サム、マイウェイ」では揺れる青春を軽快に慰め、「椿の花咲く頃」ではシングルマザーのドンベク(コン·ヒョジン扮)を限りなく包み込むヨンシク(カン·ハヌル扮)を通じて温かい視線を堅持してきた。

容易でない現実に屈しない主人公と彼を包み込む人物の姿が、画面越しに視聴者に向けた彼のメッセージであるように大きな愛を受けてきた。

さらに、イ·ジウンとパク·ボゴムは前作で、「青春」を代表してきた。イ·ジウンは「私のおじさん」で、屈曲した人生でも自分を失わない姿を、また、パク·ボゴムは多様な作品で明るい青春の意味地を見せてきた。彼らの姿がイム·サンチュン作家の暖かい視線の前にどのように光を放つか、ドラマファンの希望回路を早くも刺激する。

これと関連して製作会社のファンエンターテインメント側は「名実共に最高のスター イ·ジウン、パク·ボゴムと『本当にお疲れさまでした』で共にすることができてとても心強い。 イム·サンチュン作家とキム·ウォンソク監督、そしてイ·ジウンとパク·ボゴムまで最強製作陣と出演陣が見る人々の心を動かせる作品を作るために準備しているので、多くの関心をお願いする」と明らかにした。

原文サイトはこちら

もうほんとに! 作家・監督・俳優と3拍子揃った「最高の布陣」!!
撮る前から 最高傑作になるんじゃないかと 期待感でワクワクですww

(ボゴミが出るだけでも 期待度200%なのに、それ以上ですよ(〃ノωノ))

で! 当然ながら この話題。あちこちで話題騒然で…^^
ボゴミとアイユの11年前のご縁についての記事まで登場!!ヾ(*´∀`*)ノ

(よく知られてる CM共演の話だけど よかったら読んでみてー(〃ノωノ))

11年前にもう会ったね…一緒にドラマを撮るというIUXパク·ボゴム過去の姿。

11年前にすでに会っていたIU、パクボゴム
ドラマ出演を決めたIU、パク·ボゴム。

IUのパク·ボゴムがイム·サムチュン作家の新作「本当にお疲れさまでした」にキャスティングされたことと関連し、過去の縁がネチズンの目を引いた。

27日、オンラインコミュニティには過去のIUとパク·ボゴムが一緒に広告に出演した時代の姿が掲載された。


2012年に一緒にCMに出演したIU、パク·ボゴム/以下YouTube「農心nongshim」。

わぁ ドラマでまた会えるね 楽しみ

パクボゴムもデビューしてかなりたったね
13年前ならあのときが2010年ってこと?

あのときは2012年のはじめだと思うよ

赤ん坊だ

 

IUとパク·ボゴムは2012年N社食品広告に出演し一緒に歌を歌った。当時、IUは「良い日」、「君と僕」などで女子ソロ歌手で最高の位置にあり、パク·ボゴムはデビューしたての新人俳優だった。該当広告はミュージックビデオとして制作されたりもした。

私はこのときから、ふたりでの作品を希望してたよ

あのときは本当にふたりとも子供だったけど、いまのケミがどうなのかすごく楽しみ

(CMは)完全に子供だったね

2人の11年前の姿を見たネチズンたちは「ドラマで再び会うから楽しみだ」、「あの時は2人とも赤ちゃんだったね」、「この時から2人の共演作品の願い事をした」としてコメントを残した。


パク·ボゴム / ニュース1

一方、IUとパク·ボゴムはイム·サンチュン作家の新作「本当にお疲れさまでした」(脚本イム·サムチュン、演出キム·ウォンソク、製作ファンエンターテインメント、パラムピクチャーズ)に出演する。

「本当にお疲れさまでした」(仮題「人生」)は1950年代済州で生まれた「要望の反抗児」エスンと「不出の鉄」グァンシクの冒険いっぱいの一生を四季で描いたドラマだ。劇中のIUは学校さえ通えない状況でも詩人を夢見るエスンを、パク·ボゴムはエスンだけを愛し尊重するグァンシクを演じる。

原文サイトはこちら

 

そうなんですよね~ カルグクスのCMで初共演してたボゴミとアイユssi。
このCMは、ボゴミの初出演テレビCMもあって、すごーく印象的で…(^ー^* )フフ♪

 

めっちゃ可愛いのでぜひ見てみて下さい (〃▽〃)ポッ

※上の動画が上手く表示されていない皆様は、こちらから直接飛んで下さい♪

ふたりとも すごーく大人になっちゃって…歳月の流れの速さを感じますww

ボゴミとアイユの、これまでのご縁をまとめたこともあり。
一応 リンク先だけおいときますww
>>もしドラマ共演が実現したら歴代級!パクボゴム×アイユ「これまでのご縁」をちょこっとまとめ!

 

そして このほかにも ビジュアル的に目を引いた…ディスパッチのカードニュースも!

ディスパッチのインスタカードニュース
「アイユ×パクボゴム お疲れさまでした 出演確定」 

IU·パク·ボゴムが新ドラマ「本当にお疲れさまでした」への出演を確定しました。
「人生」という仮題で知られる作品で、1950年代に済州で生まれたエスン(IU)とグァンシク(パク·ボゴム)の一生を四季にわたって描いています。

「本当にお疲れさまでした」はドラマ「サム、マイウェイ」「椿の花咲く頃」などのイム·サンチュン作家と「未生(ミセン)」「シグナル」「私のおじさん」のキム·ウォンソク監督が出会い、さらに期待を集めています。 一方、該当ドラマは現在企画の仕上げ段階であり、今年上半期から事前制作に入る計画です。

投稿元リンク先はこちら

 

このインスタニュース。なんと既に「1万件」も「いいね」がついてて ドビックリでした(^-^;
スゴイ数!!!

それだけ みんな待ってたニュースですもんネ^^
ほんとによかったーヾ(*´∀`*)ノ

 

で、最後は 韓国のポータルサイト ネイバーに、ドラマの基本ページがすでにできてる話♡

ネイバーのドラマ基本情報ページ「本当にお疲れさまでした」

基本情報
編成
放送局未確認
1950年代に済州で生まれた「要望のある反抗児」エインと「「英特な鋳鉄(並外れて優秀な鉄のように強い子)」グァンシクの冒険いっぱいの一生を四季に解放したドラマ。

出演 アイユ パクボゴム

 

この基本情報で 改めて ハッとなる…「放送局未確定」(;・∀・)

そうよ そうなのよ… ドラマが決まった後に 気になるのは…
いつ どこで見れるのかってことですよね… (;・∀・)

青春の記録みたいに ネトフリで同日配信してくれるとよいのだけど…(;・∀・)

(記事を読んだ限りでいうと、事前制作だから、海外配信も同時にすると予想してるのだけど)
こればかりは 続報を待たねばですネ… (〃ノωノ)ww

 

とにもかくにも ボゴミの新作が確定!! 今日はお祭りです♡
また 続報がどんどん出てくると思うので 随時ご紹介します~ヾ(*´∀`*)ノ

 

ということで 以上 続報いろいろまとめでした♡
ではでは 今日はこの辺で^^ ここまでご覧くださりありがとうございましたww

 

ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします(〃▽〃)ポッ

 

    ついにパクボゴムの次回作が公式決定!「椿の花」のイムサムチュン作家の新作でアイユと共演確定!!前のページ

    ボゴミとアイユが演じる役はこんなキャラ!1950s済州ロマンスドラマ「本当にお疲れさまでした」キャラクター説明次のページ

    Sponsored Link

    関連記事

    1. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴムメモリアル♪「笑いが絶えない撮影現場!」雲月9-10話メイキングVTR(字幕和訳)

      みなさま こんばんは~ 今日の〆記事は「週に一度の振り返りスペシャル!…

    2. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴムとBTSのヴィが訪れたカフェ「釜山市民公園近くの静かなカフェCONFIO(コンフィオ)」

      みなさま あんにょんはせよ~ 今日は日曜日のせいか…めっちゃ静かですネ…

    Sponsored Link

    Sponsored link

    最近の記事

    日本ブログ村ランキング

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー

    関連コンテンツ

    1. パクボゴム最新NEWS

      韓国の芸能番組出演者・話題性ランキング男性部門1位に百想のパクボゴム!(4月4週…
    2. パクボゴム最新NEWS

      「パクボゴム、記念式典中に涙…凜とした敬礼」海軍「西海守護の日」記念式報道まとめ…
    3. パクボゴム最新NEWS

      ようこそ、日本へ♡ パクボゴム関空到着!|20190518
    4. パクボゴム最新NEWS

      海軍広報隊の上司が投稿!「1年以上一緒にしたパクボゴムという俳優はいつも謙遜で優…
    5. パクボゴム最新NEWS

      感情を揺さぶるパクボゴムの涙「美しい涙で私たちの心を打ち砕いた俳優たち」(米メデ…
    PAGE TOP