パクボゴム最新NEWS

パクボゴムREVIEW|「目で語る俳優になるのが夢」2014年のインタビュー

Sponsored Link

みなさま 今日の〆記事です♬ 先ほどからの続きの、インタビュー第2弾♡

パクボゴム21歳のインタビューを振り返り!「目で語る俳優になるのが夢」

1本前の投稿と同じ日。2014年12月15日に公開された、ボゴミの過去インタビューです♡
初めて見た話が盛り込まれてて…こちらのほうの記事も 捨てがたかった…(^-^;

ということで さっそく始めますネ お時間があるときにぜひどうぞです♡

パク·ボゴム「明知大学14学番、同期·先輩たちの演技力に自ら反省」[インタビュー]

俳優パク·ボゴム(21)は2011年の映画『ブラインド』でキム·ハヌルのトラブルメーカーの弟ドンヒョン役として登場し、俳優としての第一歩を踏み出した。 わずか5分足らずの短い分量だったが、強烈に映画のスタートを告げ、大衆に自分の顔を刻んだ。

2014年、デビュー4年目を迎えたパク·ボゴムは映画『ブラインド』以降、8本の作品に顔を出し、俳優としての自分の道を着実に歩んでいる。

特にパク·ボゴムは今年1年、KBS2週末ドラマ『本当にいい時代』を皮切りに、映画『最後まで行く』、そして韓国映画界のこれ以上ない大記録を立てた映画『鳴梁』(邦題:バトルオーシャン海上決戦)にまで出演し、「俳優パク·ボゴム」の存在を確実に伝えることに成功した。

そしてKBSの下半期最高の期待作だった月火ドラマ『ネイルカンタービレ』にも出演、2014年の最後まで俳優として活発な活動を繰り広げ「大勢の俳優」であることを立証した。

パク·ボゴムは「ネイルカンタービレ」で原作の「のだめカンタービレ」にはなかった新しい人物イ·ユヌ役を演じて天才チェリストの堂々とした姿から挫折する姿、そして片思いする女性を思う優しい姿まで多様なキャラクターを見せ、主人公チャ·ユジン(チュウォン)に劣らない関心と特に女性視聴者たちから多くの愛を受けた。

パク·ボゴムは「ネイルカンタービレ」終了後のインタビューで、作品が終わったことへの寂しい気持ち、そして楽しい撮影現場を思い出しながらドラマを無事終えたことに対する気持ちを表現した。 さらにパク·ボゴムには「ネイルカンタービレ」が初めてのミニシリーズだったため、その愛情もまた格別だったはずだ。

パク·ボゴムは「ドラマが終わってインタビューもし、グラビア撮影もしながら感謝の毎日を送っている。 僕を訪ねてくださることが本当にうれしい」と先にあいさつした。

「ネイルカンタービレ」の場合、原作の「のだめカンタービレ」が非常に人気が高かったので、それに伴い多くの人々の関心が集まったドラマである。 視聴率だけでそのドラマそのものの興亡を判断することはできないが、残念なのは制作陣も俳優も、そして愛情を持ってドラマを見た視聴者も同じだろう。

『ネイルカンタービレ』は好き嫌いが分かれたドラマでした。 視聴者の方が原作と比較することも多く、退屈だという方も、その反面、本当に面白いという方もいらっしゃいました。

視聴率に対する残念な気持ちはなくはありませんが、撮影の時は視聴率などは本当に気にしませんでした。 同じ年頃の俳優たちと一緒にドラマを撮るのが初めてなので、いつもときめきを持って撮影現場に行きました。 共感も形成され、撮影が本当に面白かったです

視聴率というのは、俳優たちがどうにかして解決する問題ではないので、俳優たちはむしろ撮影現場で一生懸命、そして楽しく演技だけに没頭したという。

僕は初めてのミニシリーズなので緊張したり、どきどきしたりしました。 作品に迷惑をかけたら駄目だという思いで本当に一生懸命しました。 そして撮影に追われて移動する時を除いては休む時間があまりなかったんですが、チュ·ウォン兄さんとシム·ウンギョンさんは台本を手放さず、本当に絶えずキャラクターを研究されていました。

そんな姿を見ながら僕も多くのことを学びました。 後半部分に行くほど(チュウォン、シム·ウンギョンと)一緒にする場面が多くて『もう本当に親しくなった』と思ったらドラマが終わってとても残念です

特に、劇中のイ·ユヌは、ネイルに向けた片思いの気持ちを、はかなげながらもかわいく、悲しそうに明るく表現し、女性視聴者の心をときめかせ、切ない気持ちにさせた。 このようなイ·ユヌの姿にパク·ボゴムは「ドラマだからよかった」と言いながら笑った。

僕とイ·ユヌの似ている点は積極的なこととポジティブな姿です。 しかし、違う点は、相手は嫌だといってるのに、しきりにダッシュする姿? ドラマだったが、撮影しながらも、こんなによくやってくれるのに、何度もユヌを追い出す『ネイル』を見て悲しかったです

僕は実際なら、そんな状況に耐えられないと思います。 相手にいかなる余地もなければ、”縁がない”とあきらめるだろう」と自分の実際の姿を言及した。

続いてパク·ボゴムは「デビューしてからは恋愛は一度もしたことがありません。 所属事務所では「演技に役立つから恋愛をしろ」と言っています。 しかし、ばれないようにと言われました。

だからといってデビュー前に恋愛をたくさんしたわけでもありません。 僕は一人に会うと長く深く会う方です。 幼い時から誰かに会う時、真剣に会いました。

ところが、今は演技が面白くなって演技ばかりしているから恋愛ができないんです。 二兎を得ることは本当に大変なようです。 友達が恋愛する姿を見ると羨ましいし’僕もよくできるのに’という気がします。

恋愛細胞がどうなっているのかも分かりません。 そんな感覚を失わないようにと、甘い作品を見たり、カップル写真を見たりしています」と、恋愛ができない自分の状況を説明しながら笑った。

パクボゴムは、もう本当に演技に対する楽しみも分かるようになり、俳優の道が自分が楽しみながらできることだと満足していた。 しかし、自分が望むことをするからといって、悩まず毎回幸せになれるわけではないだろう。 パク·ボゴムも演技が本当に面白いが、演技をしながら「自分は今うまくやっているのか?」と悩むと打ち明けた。

演技をしながら『今、こういう表現が合ってるのかな? 「僕がこうやって演技をすることが視聴者の方、観客の方、そして監督の方が気に入ってくれているのか?」と悩みます。 そして時々「(もし)僕が俳優をしていなかったら」と思います。 その度に気を引き締めます。

振り返れば、本当にありがたいことばかりです。 進路に悩む高校2年生の時、映画「ブラインド」を撮影していたんですが、友達が「君は君が好きなことをしていいな」と言って羨ましいと言ってました。その時 僕が本当に幸せな人だということが分かりました。

それで、日ごろから「ありがとう」という話をよくしますが、もしかしたらその言葉が本当だと思われないのではないかと心配になります。 本当に本気なんです。 演技というのは簡単なようで難しく、それでいて面白い、本当に魅力的だと思います」

演技についてもっと深く勉強するためだったのだろうか。 パクボゴムは今年、明知(ミョンジ)大学ミュージカル学科に14学番の新入生になった。 パク·ボゴムの誠実な学校生活は、オンライン上でもすでに有名なようだった。

しかしパク·ボゴム自身は「『ネイルカンタービレ』の撮影が始まると、頻繁に行けなくて残念だ」と話した後、「学校には演技ができる友達が本当に多くてびっくりした。 同期たちはもちろん、先輩たちも今すぐ舞台に立っても遜色がないほどだ。 そうした姿を見ながら自らに対する足りなさを感じ、もっと熱心にしなければならないという反省をする」と謙遜した。

映画『ブラインド』を撮影した時は、パク·ボゴムは18歳の高校2年生だった。 しかし、いつのまにか20代に入って22歳の一人前になった。 短いといえば短いし、長いといえば長い4年の時間を送ったパク·ボゴム。 その間、パクボゴムはどれほど成長しただろうか。

当時より自信がつきました。 愛想もよくなりましたし。 以前は、放送終了の打ち上げの現場に行ってもおずおずしてばかりいました。 でも今は、僕が先に先輩たちに お酒も注いでさしあげます。 現場でそんな僕の姿を見ると、 「パク·ボゴム、大きくなったな」と思います。

「あなたは後になると変わるかもしれない. 今感謝すること? それも全部変わるかもしれない」と言ったりもします。 しかし、僕はそんな気持ちが変わらないでほしいです。 変わっても悪い方ではなく良い方向に変わる人になりたいです」

楽しみながらできることを早く探してやっていることがどんなに幸せか分かりません。 今でも僕が上手な演技が何なのか探しているところです。 そして作品を通じてお会いする先輩たちに何かを学ぶことができて幸せです。

ロールモデルとして誰か一人を選ぶことができないほど、多くの先輩が僕のロールモデルです。 これから俳優としての目標があるとしたら目で話す俳優になるのが夢です。 そして、いつも感謝する気持ちを忘れずに、他の人たちにいい影響力を与えることができる、そんな俳優になることが願いです

パク·ボゴムは、「何でもできる覇気に満ち溢れて怖いこともない年齢で、とりあえず演技だけに専念したい」という考えを示した。

パク·ボゴムは今年1年、誰よりも忙しい1年を過ごしたが、来年上半期にも『コインロッカーの女』の公開を控えている。 毎作品に登場する度にキャラクターの比重と関係なく俳優として一歩成長した姿を見せてくれるパク·ボゴムの明日が期待される。

原文サイトはこちら

 

このインタビューもなかなかの長文でしたネ…皆様 大丈夫でしたか?(^-^;

目で語る俳優になりたいって… ←すでにかなえてるよ、ボゴミ♡とか。
いろいろ面白いところが多々ありましたww

個人的に初めて見た話は…「打ち上げのときの話」と「高校生のときに友達から言われた言葉」。
「もし僕なら、こんなによくやってくれるのに、何度もユヌを追い出す『ネイル』を見て悲しかった」

↑ここ…ボゴミの顔が思い浮かんで…すごく印象に残ったり。(^-^;

 

あと…最近ではほとんどしない恋愛話で…

事務所が 「演技に役立つから恋愛をしろ」←これは意外とよく出てた。
でも「ばれないように」 ←ここがお初 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

いや~ 過去インタビューって こういうのがあるから面白いですネ (^-^;

 

ということで 以上インタビュー企画の2本目をお届けしました♡

 

明日は 月に1度のボゴミDAY。シーグリ12月のVTR公開日ですネ…
今月で最後だと思うと、とってもさみしいけど…
ボゴミが撮ってくれた映像を楽しみに待ちたいと思います♡

 

今日は以上でございます♡ここまでご覧くださりありがとうございましたー^^

素敵な夜をお過ごしください (〃▽〃)ポッ

 

ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ポチリと1回よろしくお願いします♡

    パクボゴムREVIEW|「善良な影響力を与える俳優になりたい」2014年のインタビュー前のページ

    パクボゴム 2020 Season’s Greeting #12VTR公開!次のページ

    Sponsored Link

    関連記事

    1. パクボゴム最新NEWS

      メディア報道!パクボゴム、青春の記録の撮影現場「闇を照らした美貌」

      みなさま アンニョンハセヨ~ 今日はスゴイNEWSが飛び込んできました…

    2. パクボゴム最新NEWS

      韓国で初登場6位にランクイン!パクボゴム新曲「ALL MY LOVE 」

      皆さま こんばんは~ またまた吉報が出たので追加投稿します~~…

    3. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム×コカ・コーラ2020夏CM、TVオンエアスタート!

      皆さま アンニョンハセヨ~ 今日から7月!早いデスネ (;・∀・)…

    4. パクボゴム最新NEWS

      「14年間で一番記憶に残るのはパクボゴム!」MCパクスルギがボゴミエピソード公開!

      皆さま、アンニョンハセヨ~ またまたパクスルギさんがボゴミの話をしてく…

    Sponsored Link

    最近の記事

    日本ブログ村ランキング

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー

    Sponsored link

    関連コンテンツ

    1. パクボゴム最新NEWS

      祝27歳♡ HAPPY BIRTHDAY to BOGUMMY
    2. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴムのメロ演技に絶賛の嵐!12月のマンスリー俳優ブランド調査でも1位に!
    3. パクボゴム最新NEWS

      ついに「徐福」が来る!?今夜のちょこっとボゴミまとめ
    4. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム「星を見に行こう」KPOPチャートデイリーランキングTOP100キープ…
    5. パクボゴム最新NEWS

      メイキングVTR公開!パクボゴム×コカ・コーラ2020夏CM♡
    PAGE TOP