パクボゴム最新NEWS

パクボゴムを見出したシンウォンホ監督のドラマ哲学”世界中みなが良い人であってほしい”

Sponsored Link

みなさま、アンニョンハセヨ~ ボゴミのお誕生日まで、あと7日!
来週の火曜日が待ち遠しいですネ (^ー^* )フフ♪

さて…本日は、またまた(;^ω^) ボゴミ&応答せよファンの皆さまに贈る…
パクボゴムを見出したシンウォンホ監督のドラマ哲学”世界中みなが良い人であってほしい”

こちらの話題から、ご紹介します~!
応答せよが好きな方に、とくに おすすめです~~(〃▽〃)ポッ

Sponsored Link

シンウォンホ監督のドラマ哲学「世界中みなが良い人であってほしい」

“世界中みなが良い人であってほしい”

↑まさに、ボゴミがいいそうな言葉で、びっくり。

これ、刺激的な内容も、悪い人も出てこないドラマを作る!
という、シンウォンホ監督の信念なんですって(;・∀・)

あぁ~だから 監督が作るドラマは、いつも温かい感じがするのか~と大納得。
ボゴミが、シン監督が大好きな理由の中には、こういうとこも あるんだろうなぁ…とか。

いろいろ感慨深いものがありました (〃▽〃)ポッ

というわけで、今日は、この話が紹介されてる、
シン監督の後続記事をお届けするんですが… (;・∀・)

 

と!! その前に~~ 大事なこちらから… (;^ω^)

昨日の投稿をお読みくださったみなさまへ<訂正のお知らせ> 
(応答せよのシンウォンホ監督「パクボゴムは相変わらず真面目に連絡をくれる」の投稿です)

昨日の投稿で紹介したシンウォンホ監督の記事の中で、一部、和訳間違いがありました。

シンウォンホ監督の言葉で…

「ボゴムは、もうちょっと連絡してほしい」 ×
とご紹介していた箇所は、正しくは…

「ボゴムは、もうちょっと連絡してこないでほしい」◎

↑全然違ってた チョンマルミアネ😨

つまり、ボゴミがあまりに頻繁に連絡をくれるので、「もうそんなにしてこないでいいよ」という意味。
監督がそういうくらい、応答せよが終わった後も、しょっちゅうボゴミが連絡してくるという話が正解!

で、ボゴミは、シンウォンホ監督がそういってたよと記者から言われても。「その記事を見て、また連絡しちゃいました~(^ー^* )フフ♪」っていってたというのが、正しい内容でした~~(;^ω^)

※この部分、すごく難しくていくつも翻訳アプリを使って和訳してたのですが、完全に勘違い😨 昨晩、はるさんに正しい内容を教えて頂いて、気づきました(;^ω^) はるさん。チョンマルコマスミダ。

そして 昨日の記事を読んでくださったみな様。チョンマルミアネでした…(´;ω;`)ウゥゥ

元投稿はすでに 修正済みです。こんがらがっちゃうわ~というときは、もう一度、お読みくださると助かります。お騒がせしてミアネです。正しい内容に記憶を上書きしてくださると助かります。いつも、ありがとうございます(;^ω^)

 

Sponsored Link

ということで 色々ミアネでした~~ww

ではではさっそく、今日の本題。
ボゴミが 何度も連絡しちゃうほど愛してる シンウォンホ監督の後続記事です。

さくっとどうぞです~~ww

“スルィセン”シン·ウォンホPD”映画監督が長いロマン&いつかチャンスが来ますよね?

最近tvN”賢い医師生活”を終えたシン·ウォンホPD(右)は”世界中みなが良い人であってほしい”と話す。 彼が演出したドラマに”悪役”がない理由でもある。 写真はシンPDがドラマ撮影現場で子役のキムジュン君を抱きしめている様子。 写真提供@tvN

■”ウンチル”から”スルィセン”まで、ドラマ5連続ヒットしたシン·ウォンホPD

※ウンチル=応答せよ1997の略称、スルィセン=賢い医師生活の略。

●ドラマの演出、留まらないことが重要
●俳優の発掘?
●悪役のない善良な話”現実”になるように

“5勝無敗! ”シン·ウォンホ(45)tvNPDの成績だ。 2012年のtvN”応答せよ1997″から最近終了した”賢い医師生活”(スルィセン)まで演出を担当したドラマが相次いで”超大ヒット”した。 ドラマ演出を本格的に始める前に担当したシチュエーション·コメディー”オールドミス·ダイアリー”とバラエティ番組”女傑シックス””男の資格”まで合わせると”8連続ヒット”だ。 シンPDが放送界で”スターPD”と評価される理由だ。

“スターPD”は過去8年間にわたり追随したタイトルだが、彼は、なぜそう呼ばれるのかよく分からない様子だ。 新種コロナウイルス感染症の拡散により8日、書面で会ったシンPDは”依然としてその修飾語は私に与える褒め言葉ではないという妙な乖離感を与える”と述べた。 ドラマは”台本が全てのジャンル”と固く信じているからだ。

シン·ウォンホPD.写真提供@tvN

■”留まっていると、いつも同じでしょう”

シンPDの高い名前の値打ちは、興行成果だけではない。 彼は”勝負師”で通っている。 皆が失敗を予見したとき、これ見よがしに成功を予感する。

↑応答せよ1997

芸能番組”男の資格”の演出を担当し、盛り上がっていた2011年、突然KBSからtvNに移り、翌年ドラマを始めた。 11年目のプロデューサーとして初めて演出したドラマ”応答せよ1997″がシンドローム級の人気を博すとは誰も想像できなかった。

こうして8年間反転を繰り返した今、シンPDは放送家の人なら”どうしても一度はつながりたい”有名人になった。 教養番組の演出者を熱望し、偶然、芸能分野に足を踏み入れ、またドラマまで渉猟した経歴が”本当にスペクタクル”だ。

“定量的な結果は相変わらず欲張りですが、それより重要なのは’留まらないこと’です。 毎回大変ですが、自発的にルールや枠組みを変えながら、自らを苦境に陥れる理由でもあります。 そうでなければ脳はいつも同じになるしかないんです。 ただ一歩でも、あった場所から抜け出そうと努力する方です。”

2005年KBSの”ハッピーサンデー-女傑シックス”に出演して今まで呼吸を合わせてきた作家、イ·ウジョン(45)さんは、今のシンPDを誕生させた立役者だ。 新しい作品を作る度に“相変らずあなたたちみたいな(作品)ながらも、また新しいと言われたくて”お互いに励ましあう。

“‘新西遊記’シリーズのナ·ヨンソクPDと3人が学籍番号も同じで楽です。 “友達と働く感じだから、もっと相乗効果が出るというか。 共演作品が続けてうまくいくので、’次’へのプレッシャーは伴うが、忘れようと努めます”。 “前作と似ているとしても、新しい地点があるドラマを作りたいです。 視聴者が”賢い医師生活”をそのように見てくれたようで、さらに感謝します”

彼の勝負気質を刺激し、挑戦させる分野がある。 まさに”映画監督”だ。 “なぜやりたいのか思い出せないほど、 たこみたいにめりこんでいる” 長年の’ロマン’のようだ。 今は時ではないと思うが夢をかなえる”自然な機会”を内心待っている。

シン·ウォンホPD.写真提供@tvN

Sponsored Link

#”世の中がすべて良い人だったら”

シンPDを語る時、”スターメーカー”という評価も欠かせない。 ‘ウンチル’のソ·イングク、’ウンパル’のパク·ボゴム、リュ·ジュンヨルなど比較的あまり知られていない演技者をスターダムにのせて得た修飾語だ。 今も数多くの役者が”シンウォンホ号·イウジョン号”に乗船しようと待機している。

シンPDが注意深く観察しているのは2つだ。 情熱と相性!

“どんなキャラクターに似合うか悩んで、それに合う演技力を備えているかを見るのが基本です。 他には、熱意があるのか、現場で他の演技者やスタッフとよく交わることができるのかを見ます。 特に記憶に残る”どんでん返し”の演技者ですか?  ‘露の生’でト·ジェハク役を演じた チョン·ムンソンさんです。 真剣さとコミックの両方を消化する俳優が見つからないのに、彼は違いました。 これからもっと’大俳優’になると確信します。”

↑チョンムンソンさん。賢い医師生活にも出演。

世間の注目を集める有名なプロデューサーだが、家ではただ2人の娘に”パパ最高”と言われたい平凡な家長だ。 2人の娘がパパが作ったドラマを視聴した後、“肩をすくめているようだ”と喜ぶ”娘バカ”パパでもある。 中学1年生の長女はドラマの主人公たちを絵で描くほど”スルィセン”にすっかりはまっていた。

シンPDのドラマは幼い2人の娘に心置きなく見せられるほど、刺激的な内容や”悪役”がない。 “世界中みなが良い人であってほしい”という彼だけのファンタジーが溶け込んでいる。 もちろん視聴者の間では”こんなに良い人ばかりいるところがどこにあるのか”という不満もあるが、シンPDはこれからも信念を曲げないつもりだ。

“ドラマを見る視聴者が’私も良い人にならなければ’と考えるようになったら、私の目標をかなえたことになるんです。 良い人々が集まった集団を”ファンタジー”と考える現実が悲しいですが、だからこそ良い人々が繰り広げる良い話が一つくらいはなければならないと信じます。”

シン·ウォンホPD

#1975年8月28日生まれ
#2001年ソウル大学応用化学部卒業
#2001年KBS入社
2004年KBS第2テレビ’ハッピーサンデー’アシスタントディレクター
#2009年KBS第2テレビ”男の資格”演出
#2011年tvNに移籍
#2012年 tvN”応答せよ1997″でドラマ演出開始
# 2013年 tvN”応答せよ1994″
# 2015年 tvN”応答せよ1988″
# 2017年 tvN”賢い監房生活”(邦題:刑務所のルールブック)

原文サイトはこちら

 

おも… 思いのほか 長文だった…(;^ω^)
みなさま 大丈夫でしたか?

この記事…個人的に、好きなものを全部網羅した ドストライク記事で…(^ー^* )フフ♪

というのも…

ボゴミの大ブレイクのきっかけになったドラマ=応答せよ1988のシンウォンホ監督

素のボゴミのすごさを見せてくれたバラエティ番組=「花より青春アフリカ編」の監督ナヨンソクPD。

↑もう これだけで、スペシャルですよ スペシャル~~(´;ω;`)ウッ…

そして このお二人の脚本・台本を手掛ける イウジョン作家。
(ドラマもバラエティも 両方の脚本を書けるって ほんとにスゴイですよね^^)

ボゴペン的に 足を向けて寝られない この、3人の話がてんこもり… (;”∀”)
個別の記事はよくあったけど、今更聞けない 有名な話をちゃんと知れたようで 感無量でした~

 

とにもかくにも!!ボゴペンにとって…
恩人といっても過言ではない お三方ですから…

ボゴミと直接関係があるインタビューではなかったけど…
いろいろ知れて よかったデス (;^ω^)

 

といいつつ、皆さまも 楽しんでいただけてたら 幸いなのですが~~ww(;^ω^)大汗
↑神のみぞ 知る感じ ww(;・∀・)

シン監督とボゴミ♡ これからも仲良しで♡
ぜひ! また同じ作品で お仕事してほしいですネ (〃▽〃)ポッ

Sponsored Link

今日のちょこっとボゴミ ウイニクス&徐福のサポートグッズ再び

さてさて!このほかの話題は「今日のちょこっとボゴミ」で^^さくーっとどうぞ!

ウイニクス 新キャンペーン 広告バナー登場!

こちら 今日更新された公式ブログより。
「ウィニクス一番効率の家電BIG 3大当たりの利点。除湿機の大ヒット特価!」
10%還付でいろいろ買えるそうな… (;^ω^) 内容は割愛します 原文サイトはこちら

徐福の連合サポートグッズが久々登場~!

こちら 徐福のスタッフさん発かな?

徐福、連合サポートって書いてるハンディ扇風機!!
これ、去年「徐福」の現場に入った ファン連合チームからのプレゼントみたい…(〃▽〃)ポッ

大元はインスタストーリーの動画で、スタッフさんが今も重宝してるという内容みたいでしたよ^^
元投稿はこちら

24時間で消えちゃうので ボゴペンさんのSNS投稿もリンクだけおいときます>> こちら

 

ということで 以上 今日のちょこっとボゴミでした♪
今日、また「!」な話題が出てきたら 夜に投稿します~ ではでは♡

ここまでご覧くださりありがとうございましたー^^

 

ブログランキングに参加しています!!

いつも応援ありがとうございます♡ 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます^^ポチリとよろしくお願いします(〃▽〃)ポッ

    「海軍志願」パクボゴム、準備した3作品で、軍服務の空白を最小化!前のページ

    ボゴミ、久しぶりのWEIBO更新&2020百想を輝かせた男スターたち!次のページ

    Sponsored Link

    関連記事

    1. パクボゴム最新NEWS

      日本語字幕付!ネットフリックス「青春の記録」ティーザー第2弾公開!

      皆さま、今日はまたまた 祭りの気配です……(;^ω^)日本語字…

    2. パクボゴム最新NEWS

      「おじいさんにそっくりなサヘジュンボゴミ♡」青春の記録、公式写真公開!

      皆さま アンニョンハセヨ~ ステキな写真が出てきましたよ~(〃▽〃)ホ…

    3. パクボゴム最新NEWS

      ボゴミからの2020年の新年ご挨拶、本人投稿!「全ての福を2倍で受けてください♡」

      みなさま 明けましておめでとうございます♡(本日、旧正月の元旦でご…

    4. パクボゴム最新NEWS

      「神様があなたを祝福し続けてくださいますように」ボゴミ&MCアンさんの心温まるSNS♡

      みなさま アンニョンハセヨ~ マニラボゴミの幸せな余韻がまた…♡…

    5. パクボゴム最新NEWS

      黒ボゴミと白ボゴミ…どっちが好き?「今日、映像公開!」カカオページが予告

      皆さま、アニョハセヨ~♪今日は、まず、カカオページの話題から、お届…

    Sponsored Link

    最近の記事

    日本ブログ村ランキング

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー

    Sponsored link

    関連コンテンツ

    1. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム主演「ボーイフレンド」がアジアドラマ1位!2020年TSUTAYA年間…
    2. パクボゴム最新NEWS

      「パクボゴムを参考にしたキャラ」が登場!?新作ドラマ「ユミの細胞たち」逸話公開
    3. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム「モデル役が大変だった点は、食事調節!」ft青春の記録特別映像
    4. パクボゴム最新NEWS

      「一面識もないのに娘にサインを送ってくれた」俳優チョンウンピョ、パクボゴムの美談…
    5. パクボゴム最新NEWS

      2019アジアアーティストアワード、事前人気投票開始!ボゴミの順位は?!
    PAGE TOP