パクボゴム最新NEWS

韓国の投資家ブロガーが選んだ「2023年の韓ドラ期待作TOP10」、1位は、パクボゴム&アイユ共演の「人生」

Sponsored Link

みなさま あんにょんはせよ~ 今日は、韓国ブロガーさん発信の話題からお届けしますネ♪

ボゴミ&アイユ主演で制作されるのでは? とずっと噂が出ている新作ドラマ<人生>。

先月あたりから、経済記事や投資家ブロガーさんから、何度も…ww
「2023年に投資すべき作品」で、このドラマの話が出てるのですが…

今日も、投資家ブロガーさんの投稿に、このドラマの話が登場!! (;・∀・)

韓国の投資家ブロガーが選んだ「2023年の韓ドラ期待作TOP10」
1位は、パクボゴム&アイユ共演の「人生」

↑なんと、第1位が、人生でした… ( ̄∇ ̄;)大汗

(証券業界では、もう確定事項になってる気がするボゴミの「人生」なんですが…)
一応、前置きしておきますと… (;・∀・)

去年の8月、一度、スクープ記事が出た後、当時の事務所ブロッサムが否定。
まだ、公式の出演確定記事は出ていません。

ボゴミの過去作でいうと、撮影直前まで確定記事が出ないケースも多かったので、私個人的には、すでに決まってるんじゃないかと思ってはいますが、あくまで私見なので…(^-^;
今からご紹介する話は未確定だけど、こういう話が出ているという感じで、ご覧くださいませ(;・∀・)

ということで よろしくお願いします <(_ _)>

韓国の投資家ブロガー発「2023年の韓ドラ期待作TOP10」

さてさて、今日のお話は、投資家ブロガー「ビエス」さんからの話題です。

この記事、ビエスさんが、今年期待しているドラマをTOP10で紹介されてて…
「極めて個人的趣向が反映されたランキング」と書いてらっしゃるのだけど…

個人的にはすごーく 面白かった(参考になりました)(^ー^* )フフ♪

韓ドラ好きの方にも おすすめの記事です。「人生」の話は最後に出てくるのだけど…
よかったら 全文どうぞですww

2023年テントポール及び期待作コンテンツ (Netflixオリジナルを除く)

今日は昨日投稿したネットフリックスオリジナル作品以外に、23年期待されるテントポール(制作会社が業績を支える作品として力を入れている作品のこと)と期待作を整理してみた。数十個のコンテンツの中で期待される作品を順に整理してみたが、極めて個人的趣向が反映された。

先にポスティングしたネットフリックスオリジナルコンテンツは除外し、初のディズニープラス興行韓国ドラマになると予想される中で、多くの関心の中で放映されているチェ·ミンシク、ソン·ソクグ主演の<カジノ>は別にコンテンツレビューを残す予定であり、やはり除外した。

 

順位に入らなかった錚々たるドラマを抜いて10位に選ばれたコンテンツはスタジオSの「模範タクシー2」だ。

21年4月に放送されたSBSドラマで、10%を超える優秀な視聴率で始まり、16%で終わり、シーズン2が出ることが予告されていた。 シーズン1の序盤を少し見て、残りは要約本で見たが、かなり面白かったし、サイダー復讐劇(=すかっとする復讐ドラマ)というストーリーラインもしっかりしており、俳優たちの演技も良かった作品として記憶される。

9位は「赤い袖先」でストップ高を記録している俳優イ·ジュノと「ビッグマウス」で熱演したイム·ユナが主演でキャスティングされた「キング·ザ·ランド」だ。 『今我が学校は』のチョン·ソンイル作家の作品で、コンテントリー中央子会社であるエンティオエンターテインメントとSLLで製作した。 財閥2世のイ·ジュンホと系列会社のキングホテルホテリアーとして成功したイム·ユナのラブストーリーを描いたドラマだ。 事情の多い気難しい財閥男ラブストーリーという陳腐なドラマが出てくることもあるが、最近東南アジアで最もよく通じるコンテンツがこのようなジャンルであることを勘案し、出演俳優まで考慮した時、十分に期待される作品だ。

8位は<ペントハウス>キム·スンオク作家の新作<7人の脱出>だ。 スタジオSとチョロクベムメディアが共同製作し、ペントハウス製作陣が皆参加するという点で期待が大きい。 ある少女の失踪と関連し、多様な職業と背景を持つ7人の人生を破格的に盛り込んだという。 作家と製作陣の名声を考えた時、さらに高い順位に上がっても大丈夫だが、出演俳優の中でトップスター級認知度の俳優がいない点が残念で8位にランクした。

7位は「浪漫ドクターキム·サブ3」だ。 サムファネットワークスの医学ドラマ企画シリーズ物で、シーズン1、2がいずれも25%以上の視聴率を超え、大ヒットを作り出した。 今シーズン「ウ·ヨンウ」を演出したユ·インシク監督が演出を担当したことと、シーズン2から登場し「男の見合い」で大ヒットし、スターに仲間入りしたアン·ヒョソプが再び主演俳優として出演し期待感を高めた。 個人的に1、2を見てはいないが、時間があれば必ずリアタイしてみたいドラマだ。

6位は<シグナル>、<キングダム>のキム·ウンヒ作家の新作<悪鬼>だ。 スタジオSで制作したSBSドラマで、コンテントリー中央の子会社BAエンターテインメントが共同制作する。 悪鬼に使われて恐ろしいことを経験するキム·テリと悪鬼を見られる能力を持った民俗学科教授として登場するオ·ジョンセが出演する。 コンユが出演提案を受けたが失敗に終わったそうだが.. 好き嫌いが分かれるオカルトスリラージャンル物という点と、男優が主演ではまだ認知度が弱いオ·ジョンセという点が残念な部分だ。


5位は500億を投資するテントポール期待作<星に聞いて>だ。 宇宙ステーションを背景にイ·ミンホ、コン·ヒョジン主演のロマンスドラマでキャスティングから格別な期待を集めた。 スタジオドラゴンと共にキーイーストで共同製作し、グローバルスターイ·ミンホが登場した超大型テントポールであるだけに期待が大きい。

​次の4位は極めて個人的趣向が反映されたコンテンツで、印象深く見たウェブトゥーン<もうすぐ死にます>>を原作にNEWの子会社スタジオアンドニューが制作したドラマ。 好きな俳優のカン·ハヌルが主人公を演じるのも期待感が高い理由だ。 主人公が自殺以後「死」という神的存在に会って自殺した罰で他の人の体の中に順に憑依することになり起きる斬新なストーリーを持っている。 この状況をどのように演出するかが興行を決定できるポイントだと考えられる。 大当たりでなければ、薄っぺらぼうである可能性が高いが、原作を楽しく見ただけに個人的に応援するコンテンツだ。

3位は<星から来たあなた>、<愛の不時着>パク·ジウン作家の新作<涙の女王>だ。 やはりグローバルトップ俳優であるキム·スヒョンが「星から来たあなた」と「プロデューサー」以後、再びパク·ジウン作家の作品に男性主人公として出演し注目を集めた。 クイーンズグループの理事であるキム·スヒョンとクイーンズグループ財閥3世役のキム·ジウォンが夫婦で出演して奇跡のような愛を作っていく話だそうですが… 作家が作家であるだけに、もう一度ものすごいドラマが出るのではないかと思う。

​2位は、2023年出演する映画の中で最も多くの出演料が入ったと予想されるコンテンツ<ムービング>だ。 最上級の主演俳優たちと助演俳優たちが総出動するうえに、カン·プル作家の世界観を構築する最初の作品として500億以上の製作費が投入された超大型テントポールだ。 スタジオアンドニュー(NEW)で製作し、ディズニープラスオリジナルで23年第1四半期公開予定だが、 Kコンテンツでこれまで得られなかったディズニーが<ムービング>で成果を出せるか注目される。

最後の1位は<サムマイウェイ>、<椿の花咲く頃>イム·サンチュン作家の作品<人生-仮題>であり、パク·ボゴム、IUが出演を検討しているだけで22年8月に話題になったりもした。 ファンエンターテインメントが製作するテントポールドラマで、<ミセン>、<シグナル>のキム·ウォンソク監督が演出を担当した。 個人的に一番面白く見た最後のドラマがイム·サンチュン作家の<椿の花咲く頃>だっただけに順位選定に私心が入ったが、とにかく期待感を持って放映時期にファンエンターの株価を見守る予定だ。

ドラマ制作会社の場合、ファンダメンタルに関係なくコンテンツ興行によって短期的に株価が大きく動く方だ。 特に中小型会社の場合、大ヒットコンテンツ一つによって株価が上限値を記録する場合が多い。 今年、トレーディングをするつもりはないが、今後の運用面で株価の流れを注視してみよう。

<23年期待作順位 – ネットフリックスオリジナル除外>

​1.人生(仮題) (イム·サンチュン作家:サム·マイウェイ、椿の花咲く頃/パク·ボゴム、IU)

2.ムービング(カン·プル作家 / 制作費500億テントポール / リュ·スンリョン、チョ·インソン、チャ·テヒョン、リュ·スンボム、ハン·ヒョジュ、パク·ヒスン、キム·ヒウォン、キム·ソンギュン)スタジオアンドニュー(NEW)

3.涙の女王 (パク·ジウン作家:星から来たあなた、愛の不時着/ キム·スヒョン、キム·ジウォン)スタジオドラゴン

4.もうすぐ死にます(ウェブトゥーン原作/カン·ハヌル)スタジオアンドニュー(NEW)

​5.星たちに聞いてみて(制作費500億テントポール/イ·ミンホ、コン·ヒョジン)キーイースト、スタジオドラゴン

​6.悪鬼(キム·ウンヒ作家:シグナル、キングダム/キム·テリ、オ·ジョンセ)スタジオS、BAエンターテインメント(コンテントリー中央)

​7.浪漫ドクターキム·サブ3(ハン·ソッキュ、アン·ヒョソプ)サムファネットワークス、スタジオS

​8. 7人の脱出(キム·スンオク作家:ペントハウス/ オム·ギジュン、ファン·ジョンウム、イ·ジュン、シン·ウンギョン)スタジオS、チョロクベムメディア

​9. キング·ザ·ランド (チョン·ソンイル作家:今我が学校は / イ·ジュンホ、イム·ユナ)SLL、エンティオエンター(コンテントリー中央)

10.模範タクシー2(イ·ジェフン、キム·ウィソン)スタジオS

 

原文サイトはこちら

 

 

こうしてみると…今年の韓ドラ!面白そうなドラマでいっぱい!!!
その中でも、堂々の1位が ボゴミの人生!! 

確定記事が出ていないにも関わらず…投資家ブロガーさんが1位に推すドラマ♡
これ すごくないですか… (〃ノωノ)ww

でも 確かに… この組み合わせだけでも最高なのに…

<サムマイウェイ>、<椿の花咲く頃>イム·サンチュン作家の作品
<ミセン>、<シグナル>のキム·ウォンソク監督が演出を担当

↑とにかく コレも最高すぎるwww

「椿の花咲くころ」も「サムマイウェイ」も、私も超お気に入りドラマだし…
ミセンもシグナルも、最高傑作!!!

想像するだけで わくわくがとまんないわ…(〃ノωノ)ww

このドラマ。今年中に撮影が始まるはずなのだけど… どのタイミングで確報が入ってくるのか…
超気になりますネ…ww また続報が出てきたら、随時ご紹介します^^

今日のちょこっとボゴミ 「BAZAAR」がスタンドをオープン!

さてさて、このほかの話題は1つだけです(^-^;。サクサクーッとどうぞ^^

「ハーパーズバザー」がグラウンドシーソー聖水に環境ニューススタンドをオープン

まずは、BAZAARの新話題!なんと、いまソウルで人気のスポットに、ニュースタンドをオープン!
…するのだけど、なぜか「ELLE」のインスタからお知らせが出てきましたよww(同じ出版社なのかも)

▶ELLE韓国 公式インスタより

ellekorea

#広告#バザーニューススタンド

ファッションマガジン「ハーパーズバザー」でグラウンドシーソー聖水に環境ニューススタンドをオープンしました。

<バザー>は2020年から毎月、「賢い地球生活」🌍というコラムを連載し、環境について語り続けています。 分離排出ガイドを含め、これまで紹介された様々な興味深い環境記事をバザーニューススタンドでご覧ください。

バザーニューススタンド訪問認証ショットイベントに参加すると、環境にやさしいビューティーブランド製品をプレゼントする現場イベントも実施中ですので、今週末グラウンドシーソーの展示観覧とともに参加してみてください!(*週末限定)

♻期間:2022年12月23日~2023年1月25日
♻営業時間:10:00~19:00
♻場所:グラウンドシーソー聖水

投稿元リンク先はこちら

 

なんと 先月からやってたみたい… (;・∀・)

ちなみに、「グラウンドシーソー聖水」っていうのは、ギャラリーの名前だそうで。
ここでの展示会を紹介してる日本のウエブサイトがたくさん出てきて びっくりww

お洒落なショッピングモール「聖水ナンナッ」のB1にあるそうですよ (;・∀・)

>>【韓国・聖水エリア】今ホット!お洒落なショッピングモール「聖水ナンナッ」の見どころを一挙紹介!(noritterさんの記事に飛びます)

ということで 以上 今日のちょこっとボゴミでしたww

 

めっちゃ 余談なんですけど 昨日、最終回だった「還魂2」!
めちゃくちゃよかった… 久しぶりに じ~~~んでした…😢

こういうのを見ると 韓ドラはやっぱすごいと思う…(〃ノωノ)ww
今度は、ボゴミの新作で! またじ~~んとしたいですネ(^ー^* )フフ♪

ではではまた「夜の部」で。ここまでご覧くださりありがとうございましたww

 

May your everyday be a good day
皆さんの毎日が良い日でありますように

 

ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします(〃▽〃)ポッ

    パクボゴムが演じた「応答せよ1988のテクの実在モデル」が、今度は映画に!演じるのはユ・アイン♪前のページ

    BAZAARニューススタンドから、ボゴミ&テテちゃん動画まで♪今夜のちょこっとボゴミまとめ次のページ

    Sponsored Link

    関連記事

    1. ソボク関連ニュース

      公開時期は4月で検討?!パクボゴム×コンユ主演「徐福」続報

      みなさま こんばんは~ 今日の〆記事です(〃▽〃)ポッ公開時…

    2. パクボゴム最新NEWS

      「MC!パクボゴム~~!」ミューバンinベルリンKBS放送ボゴミのダイジェスト!

      皆さま、アンニョンハセヨ~♡昨晩のミューバンボゴミ、ご覧になられま…

    3. パクボゴム最新NEWS

      ボゴミの新曲♡TVのカウントダウン番組に相次いでランクイン!

      みなさま アンニョンハセヨ~♬ またまた、ボゴミが快挙達成ですよ~(〃…

    Sponsored Link

    最近の記事

    日本ブログ村ランキング

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー

    Sponsored link

    関連コンテンツ

    1. パクボゴム最新NEWS

      ボゴミ本人のプライベート写真まで登場!ボーイフレンド9話の予告編新バージョン公開…
    2. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム×EIDER、2019FW WINTERメイキングVTR公開!
    3. パクボゴム最新NEWS

      なんとボゴミも?!「ショートヘアの女性が理想」と明かした美男スター6人
    4. パクボゴム最新NEWS

      韓国ドラマ「青春の記録」第4話あらすじ|「人生の転機」
    5. パクボゴム最新NEWS

      韓国ブロガーさんが感謝の投稿!「パクボゴムさんのおかげですごい数のファンがブログ…
    PAGE TOP