パクボゴム最新NEWS

1000万監督たちの帰還!キムテヨン監督の新作「ワンダーランド」今年公開!ボゴミのPR参加に期待♪

Sponsored Link

みなさま あんにょんはせよ~ 今日はワンダーランドの話題からお届けします♡

↑これは ファンさん作のイメージ写真デスww

入隊前に、ボゴミが撮影していった映画「ワンダーランド」!!

いよいよ、今年公開といわれている、期待作です♡
また記事が出てきたので ちょこっとご紹介しますネ♪

この他の話題とあわせて さくっとどうぞデス ヾ(*´∀`*)ノ

1000万監督たちの帰還!キムテヨン監督の新作「ワンダーランド」

ボゴミが入隊直前の 7月にクランクアップした映画「ワンダーランド」♡

↑ そのとき、ボゴミが投稿したフリート「ワンダーランド クランクアップ」
詳しくは>>ボゴミ、深夜3時のフリート投稿「ワンダーランド撮影終了!」

 

これが、もう 約2年も前の出来事だとは…(早いですね(^-^;ww)

その 話題の映画がついに、今年公開予定♡
時期はまだ 公式発表されていないけど… 

今日現在、まだロードショー時期が出ていないというこは…
ほぼ間違いなく… ボゴミが活動できる5月以降の公開に 違いない…

ということは つまり… (;・∀・)

ソボクのときには 残念ながら参加できなかった 「制作発表記者会見」とか…

(余談だけど 名残惜しさで、合成で こういうのがいっぱい出てきてすごかったですネ(^-^;)

一昨年、コンユ兄がひとりで頑張っていた…こんなプロモーションも… (;・∀・)

ボゴミがこういう風に頑張る姿を見れるに違いない!!!ヾ(*´∀`*)ノ

↑ ソボクはパクボゴムがいるから 宣伝活動も楽ができると思っていたら、入隊でいなくてΣ(゚д゚lll)ガーンだったと語ったコンユ兄 愛しすぎる…(〃ノωノ)

 

ということで~今日の記事♡
実は、そんなに新しい情報は出てないんですけどネ…(^-^;

しばらくぶりに 記事になったので ちょこっと和訳してみました♪
よかったら お目通しください~~ (〃▽〃)ポッ

1000万監督たちの帰還… 危機の韓国映画の力を掲げる

感染病事態以後、韓国映画が歴代最低の収益率を記録し、外貨に優位を譲るなど、産業全般の危機状況に突き進んでいる。 映画界はこれを打開するための非常対策作りを促した。 このような中、今年スター級俳優と監督たちが大挙期待作を通じて観客に会う予定で、映画界に活力を吹き込むことができるか注目される。

※1000万監督=1000万人以上を動員した映画作品を出したことがある監督のこと。

●「1000万人の監督の帰還」に期待

↑バトルオーシャン海上決戦 公開時の記者会見

期待感はまず「千万監督」たちの新作に注がれる。 2014年に観客1700万人を動員し、歴代興行1位になった「ミョンリャン(邦題:バトルオーシャン海上決戦)」のキム·ハンミン監督が8年ぶりに続編「韓山:龍の出現」を発表する。

2編以上で1000万観客を集めた別名「双天万」監督たちも登場する。 「暗殺」「泥棒たち」チェ·ドンフン監督が「外界人」を、「国際市場」「海雲台」ユン·ジェギュン監督がミュージカル映画「英雄」を、「神と共に」シリーズのキム·ヨンファ監督が「ザ·ムーン」でそれぞれ観客と会う。 『ベテラン』リュ·スンワン監督もキム·ヘス、ヨム·ジョンア主演の女性ツートップアクション『密輸』を披露する。

スクリーンの代表走者らも意気投合する。 ソン·ガンホ、イ·ビョンホン、チョン·ドヨン主演の航空災害ブロックバスター「非常宣言」(ハン·ジェリム監督)、パク·ボゴム、スジ、チョン·ユミ、チェ·ウシク、タン·ウェイらが出演する「ワンダーランド」(キム·テヨン監督)、ユ·アイン、ラミラン、アン·ジェホン監督の「ハイタッチ」(カン·ヒョンチョル監督)らトップスター級俳優と「信じて見る」興行監督が一堂に会した。 ソン·ジュンギの『ボゴタ』(監督キム·ソンジェ)、ファン·ジョンミン、ヒョンビンの『交渉』(監督イム·スンレ)も今年公開される。

またカンヌ映画祭など海外有数の映画祭受賞を期待させる監督たちも帰ってくる。 「オールドボーイ」で2004年カンヌ国際映画祭審査委員大賞を受賞したパク·チャヌク監督が「別れる決心」を公開する。 2018年「ある家族」でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和監督初の韓国映画「ブローカー」も今年劇場にかかる。

映画界に支援呼びかけ…政府、公開作支援を予告

このように、今年の韓国映画の新作に特に期待を持たせるのは、現在映画界が直面している状況のためでもある。
映画振興委員会(映振委)が最近まとめた資料「2021韓国映画産業決算」によると、昨年の純制作費が30億ウォン以上の商業映画を基準とする韓国映画の収益率は47.3%だ。 01年の初の収益性調査以来の最低値だ。

また、11年以降10年間、優位を保ってきた観客シェアもハリウッドなどの外貨に押された。 30.1%と、11年ぶりに50%を割り込んだ。 映画館の売上げも29.7%に止まり、外貨に70%の座を明け渡した。 映振委は「新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の影響で劇場観客急減、封切り延期したハリウッドブロックバスターの相次ぐ封切り、韓国映画期待作の封切り延期など」を要因に挙げた。

これにより、韓国映画産業の市場規模は「2019年2兆5093億ウォン」から「2020年1兆239億ウォン」、「2021年1兆239億ウォン」へと縮小した。 映振委は「コロナ19以前の2019年の40.8%」と明らかにした。

これに対して映画界は22日、「映画人非常政策提案文」を出し、「コロナ19による映画館売上減少で国内映画産業は深刻な打撃を受けた」とし、「政府の積極的支援が必要だった中小製作·配給会社·上映館は餓死状態になった」と明らかにした。 これを打開するため「緊急予算編成、不公正取引行為根絶及び上映·配給兼業とスクリーン独占·寡占規制、中小企業支援資金の大企業使用禁止など」「非常政策」作りを政府及び主要大統領選候補たちに要求した。

このような状況で、政府は3月から全国の劇場550館で開かれる特別企画展に82億ウォンを支援する。 韓国映画の新規公開を誘導するためだ。 スター級俳優や監督が大勢出るスクリーンの舞台にも、新たに関心と期待が集まるもう一つの理由だ。

原文サイトはこちら

後半 かなり固い記事だったのだけど… (^-^;
いろいろ支援が入る見込みということは、良い話ですよね♡

「特別企画展」に支援←ワンダーランドの企画展も、ぜひお願いしたい♡

ワンダーランド公開の、強い追い風になるのを 祈ってます♡

今日のちょこっとボゴミ TOPスターニュース結果でました♪

さてさて…このほかの話題は、今日のちょこっとボゴミで。さくさくーっとどうぞデス^^

トップスターニュースのスターサーベイ投票結果でました
1位キムソノ…ボゴミは24位でした♡

まずは トップスターニュースの話から。
ここ最近、「不思議な投票企画」ってことで ご紹介してきた この企画…

詳しくは>>パクボゴム、現在22位!TOPスターニュースのスターサーベイ投票♪今夜のちょこっとボゴミまとめ

↑ここまで紹介してたんだから…結果は出さないと…(^-^;!!
ということで、今日の記事です。

▶[スターサーベイ結果] 2月3週目男女俳優「ブランドパワー」ランキング順位?男性1位キム・ソンホ(ソノ) – 女性1位キム・ジス

2月3週目の男女俳優「ブランドパワー」投票の結果、俳優キム・ソンホ(ソノ)とキム・ジス(ブラックピンク指数)がそれぞれ1位を占めた。

去る16日から23日午後までトップスターニューススターサーベイでは「2月3週目男女俳優ブランドパワーランキング」に関連した投票を進行した。

23日午後終了した投票結果「2月3週目男優俳優ブランドパワーランキング」 1位はキム・ソンホ(ソノ)が占めた。キム・ソンホ(ソノ)は総投票数989,820票のうち357,520票を受けて1位を記録した。

キム・ソンホ(ソノ)は現在映画「悲しい熱帯」撮影に真っ最中だ。キム・ソンホ(ソノ)は劇中、少年の助力者のようで邪魔者みたいな謎の人物を演じ、新しい姿を大衆に見せる予定だ。

キム・ソンホ(ソノ)に続き、2位のキム・ウソク(245,080票)、3位のチョン・ヘイン(128,080票)、4位のキム・ヨハン(72,610票)、5位のイ・サンユン(27,140票)、6位のキム・ヒョンジュン(25,420票)、7位)、8位のナムグンミン(15,380票)、9位のジュノ(15,280票)、10位のソン・ジュンギ(14,740票)が10位圏内に名前を上げた。

今回終了した男優俳優全体得票の現状は次の通りである。
11位オク・テギョン、12位キム・ヒジェ(9,340票)、13位チャンギヨン(8,000票)、14位キム・ナムギル(6,810票)、15位イ・ジュンギ(5,890票)、16位カン・フン(5,430票)、17位キム・スヒョン(4,50) 18位ユ・スンホ(3,190票)、19位パク・ヘジン(3,150票)、20位チュ・ヨンウ(2,790票)、21位チョン・ヨンファ(2,680票)、22位チ・ヒョヌ(2,110票)、23位イ・ジョンソク(1,820票)24位パクボゴム(990票)、25位パクソジュン(830票)、26位チャウヌ(770票)、27位ソンガン(400票)、28位ユンゲサン(270票)、29位上イ・ミンホ(110票)、30位ド・ギョンス(60票) 以下省略。

原文サイトはこちら

 

つい最近まで ソンガンくん0票とかだったんだけど…いつのまにか27位にいたりして(^-^;
少しまともな順位におちつきましたネ… (^-^;

いやはや… この企画。また続くのかはわからないけど…
トップスターニュース たぶん初の 人気投票。こういう結果でした♡

(現場からは以上です!!)笑

昨日の大田の写真がウケていた理由♡

そしてこちらは 昨日の写真!!

この「大田(テジョン)駅」での写真が、なぜウケてたのか…「??」だったのですが…(^-^;

ブログを読んで下さっているM様から 教えていただきました♡

大田駅をハングルで대전역と書きます。

写真では대の一文字が隠され、전역の文字だけ見えているのですが、
전역がまさに転役(除隊)という意味なのですよ。だから盛り上がっていたのかと。

 

↑ なんと!! Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

これは ハングルがわからないと 全然理解できない お題でした (;・∀・)
すごすぎる!!!(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)

Mさま 教えて下さりありがとうございましたーヾ(*´∀`*)ノ
おかげですっきりでした♡(〃▽〃)ポッ

 

ということで 以上「今日のちょこっとボゴミ」でした♡
ここまでご覧くださりありがとうございました(〃▽〃)ポッ

 

正式な除隊日 4/30までカウント、続けます(/ω\)↓

ボゴミが顔出しできる
「正式除隊日」まで あと65日!
May your everyday be a good day
皆さんの毎日が良い日でありますように

 

ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします(〃▽〃)ポッ


 

    OBSニュースにも!「パクボゴム、早期・未復帰除隊… 今後の歩みは?」動画&記事登場!前のページ

    軍服務中も「ラブコール」を受けていた♪デビュー11年目の大勢俳優「パクボゴムの次回作」に関心が集中!次のページ

    Sponsored Link

    関連記事

    Sponsored Link

    最近の記事

    日本ブログ村ランキング

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー

    Sponsored link

    関連コンテンツ

    1. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム×EIDER、WINTERダウンジャケット先行予約スタート♡
    2. パクボゴム最新NEWS

      「これはパクボゴムがやらないと…」KBSバラエティ番組に登場した「星を見に行こう…
    3. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴムの「ビールで乾杯♪」初公開!「ボーイフレンド」制作発表記者会見は21日…
    4. パクボゴム最新NEWS

      ボゴミのおすすめ!サムキム「あの夏の夜 (그 여름밤)」
    5. パクボゴム最新NEWS

      「韓国のパクボゴムファンがよく見ている映像とは?」応答せよ1988~ボーイフレン…
    PAGE TOP