パクボゴム最新NEWS

韓国ブロガー発♪「映画ワンダーランド」主人公はパクボゴムとスジのようでもあり、タンウェイが大きな軸を担当?

Sponsored Link

みなさま あんにょんはせよ~♪ 今日は朝からあいにくの雨模様…(全国的なのかな?)

そういうわけか(?)韓国メディアニュースのほうも、雨模様…(;・∀・)
(そろそろ何か出てきてもよいのではと思ってたんだけど…)
(ぜんぜん 出てこないわ…残念)

でも! そのぶん(?)韓国ブロガーさんのほうの記事は意外と多くてですネ…
久し振りに「ワンダーランドの話」が出てたので…今日は、この話からお届けしようと思います~♪

このほかの話題とあわせて さくっとどうぞデス ヾ(*´∀`*)ノ

韓国ブロガー発♪「映画ワンダーランド情報」を和訳してみました♪

さて… ワンダーランドといえば!
「ボゴミ×スジ初共演、コンユ・タンウェイ・チョンユミ・チェウシク共演の新作映画」(現在公開待ち)

 

さらに! ボゴペン的にいうと…ボゴミが「ハードスケジュールを承知の上で、入隊前に「青春の記録」とかけもちで撮影」していってくれた、ファン感涙の期待作品… でもあります(´;ω;`)じ~ん!!

 

ぼごたん…ほんとにありがとおおおお…

 

 

と! いうことで 今日の本題。
今年、秋夕(チェソク)に公開される見込みと噂の「ワンダーランド」ですが…(/ω\)w

韓国の映画・ドラマ系のインフルエンサー(※)さんが この映画についての話をブログ投稿。
(※影響力のあるブロガーさんのことです)

読んでみたら… 初めて見た話しが少しあり。まずは全文和訳でご紹介します。
さくっと 読んでみてくださいーヾ(*´∀`*)ノ

映画ワンダーランド基本情報/公開日/キム·テヨン監督/タン·ウェイ/パク·ボゴム/スジ/コン·ユ/チェ·ウシク/チョン·ユミ

インフルエンサープロフィール ノーバディ

プロフィールを読んでみたら こんなに細かく紹介されてたので スクショしてみましたww(^-^; ※日本語変換させてあります※

–映画『ワンダーランド』の大まかなストーリーを説明すると…。

​恋人と人工知能で再会する設定で、すでに死んでしまっていて、会うことのできない恋人や家族に再び会えるようにする「仮想世界ワンダーランド」を背景に繰り広げられる物語だ。 植物人間になった恋人を依頼した20代女性と、亡くなった妻に会いたくてワンダーランドに依頼した40代男性に起きる事件を盛り込んだファンタジーメロドラマジャンルだが、韓国では初めて試みられるジャンルであるうえ、キム·テヨン監督が久しぶりにメガホンを取り、夫人タン·ウェイまで出演して、キャスティング段階から非常に話題になった。

​ワンダーランドサービスを通じてすでに死んでしまった人と再び会うことができるが、このような仮想世界で愛する人と過ごす時間は本物ではなく、人工知能と過ごす時間が長くなるほど、序盤に予測できないことや状況が発生して起きることを盛り込んでいるようだ。

多様な人物が出てくる映画ではあるが、オムニバス形式ではなく長編映画だと釘を刺した。

 

俳優スジは植物人間になったヨンイルを懐かしむ20代のヒロイン役として出演し、パク·ボゴムがスジの恋人を演じ、仮想と現実の両方で姿を現す。パクボゴムは昨年8月末に映画を撮って入隊したが、今は除隊までしたが、映画は公開はもちろん、いつ公開されるかも分からない状況だ。

俳優コン·ユは、先にこの世を去った妻を懐かしむ40代の夫の役割を引き受け、タン·ウェイはコン·ユの妻の役割を引き受けた。チョン·ユミとチェ·ウシクはワンダーランド内の調整者で、人工知能の変化と管理をする人物として登場する。

ちなみにコン·ユは特別出演ということを見れば、主人公はパク·ボゴムとスジのようでもあり、タン·ウェイが大きな軸を担当するものと見られる。

<映画ワンダーランド撮影現場でのキム·テヨン監督と俳優タン·ウェイ>

撮影はすでに昨年夏に終えたようで、後半作業もおそらく終えて封切り待機中だが、一時ネットフリックスにグローバル版権が売れたという噂が出たりもしたが、ネットフリックス側では確実に決まったことは何もないと言ったのを見ればうまくいかなかったようだ。

​空想科学ファンタジージャンルなので、製作費がかなり多くかかったと聞いているので、公開してほしいが、本格的なマーケティングと広報をするわけでもなく、配給会社がCJやロッテのように規模があるところでもないので、少し心配だ。

その上、エースメーカーは今年初めに映画アンカーを公開したが、興行ができなかった(ヒットしなかった)ので封切りにさらに慎重になるかもしれない。

個人的には秋夕シーズンに封切りさせてほしいが、それができなければ今年の年末か秋にでも封切りを少ししてほしい。キャスティング記事が出た時は、人々が期待をたくさんしていたが、今はあまりにも便りがなくて人々がますます関心を失っていくようで残念だ。いつ封切りするつもりなのか、今は糸口をつかんでいるが、近いうちに封切り日も決めて広報も本格的に始めてほしい。

原文サイトはこちら

 

なんとなんと… 秋夕公開説が 結構流れてるんだけど(撮影監督さんが談話出したり)
このブロガーさんは「未定」って 書いてますネ…(まぁ 公式発表がないからだと思うのだけど…(・・;)ww)

でも これ以外の部分で 初めてみた話もあり。
ちょこっとまとめると 以下のとおりでした (;・∀・)

・ボゴミの役の名前=ヨンイル?
(もしかすると名前じゃないかもなのだけど…和訳変換したら ヨンイルって)

・コン·ユは特別出演ということを見れば、主人公はパク·ボゴムとスジのようでもあり、タン·ウェイが大きな軸を担当するものと見られる。
確かに…最後まで撮影してたのタンウェイさんだから、そうなのかも!

撮影はすでに昨年夏に終えたようで、後半作業もおそらく終えて封切り待機中だが、一時ネットフリックスにグローバル版権が売れたという噂が出たりもしたが、ネットフリックス側では確実に決まったことは何もないと言ったのを見ればうまくいかなかったようだ。

え…まじですか?(;・∀・)? この辺確かに。ネトフリの話が出たのは、一昨年の12月だから。そのときから状況が変わってる可能性は確かにあるかも…

公式発表が出るまで「??」な話なんだけど…
いろいろ変更点が出てるかも… (;・∀・)

 

 

これの和訳が下↓

↑ 去年12月に 配給元(エースメーカー)から出た告知。
(当時 公開時期を具体的に書いたツイートが拡散されてたときのものですww)

 

秋夕公開なら そろそろ広報が出てくるはず…
公式発表が出てきたら また詳しくご紹介します (〃▽〃)ポッ

今日のちょこっとボゴミ ボゴミとギョンピョ兄のNY旅行

さてさて…このほかの話題は「今日のちょこっとボゴミ」で。さくさくーっとどうぞ~♪

韓国のユーチューバー発
パク·ボゴム目撃談(米国でパク·ボゴム俳優に会ったエピソード)

まずはこちら。実は、ここで紹介するか 少し悩んだんだけど…(;・∀・)

よくよく点検すると ギョンピョ兄が承諾して撮られてるのと…すでにYoutubeで公開されて 結構な閲覧数になってるので… ここでもご紹介することにしました ^_^;

このお話。今から5年前の ボゴミ&コギョンピョ兄のニューヨーク旅行の話なんですけどね。
現地で ふたりに遭遇した方(いまはユーチューバー?)が、今週動画を公開!

この話の背景は ユーチューバーご本人が解説されてるので。まずはその話を和訳↓

 

韓国でもないし···。 アメリカでパクボゴム、コ·ギョンピョに会うなんて!!!
これは何の映画のようなことかwww

芸能人のプライバシーを保護すべきだという立場ですが、
いざ目の前で芸能人を見たら
それができないんです。

最近、パク·ボゴムの除隊記事を見ると
ペンがなかった私が思い出されて
悲しいですねTT涙涙
こんな機会を逃すなんて!!!!!!! 間抜けな子

※当時、ペンを持ってなくてサインしてもらえなかったことを言ってる模様です

5年余りの間、私は口を閉じていた。
認証できなかったんだって。

+前に音楽を入れればよかった。
話さないから少し退屈かな?

——————–ㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡ
Music provided by BGM President
Track:一発食する日-
——————–ㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡ

00:00事件の顛末
02:04パク·ボゴム、コ·ギョンピョ発見
03:00サインしてくれるコ·ギョンピョ&逃走するパク·ボゴム
04:40一人でいるコギョンピョ、1:1対面
05:40事件の結末

* 誤解防止用の追加説明*

パクボゴム、コギョンピョさんは本当に優しくてマナーが良かったです。
ただ、旅行序盤に写真を撮ってから
みんながSNSにアップしてしまって
旅行経路が露出し、調べる人が多くなって
困っていました。

座っているコ·ギョンピョさんにも近づかなかったし、
むしろ コギョンピョさんのほうがわたしに先に声をかけてくださって
「ボゴムがもうすぐ来るから待っててください」って。
おっしゃってくださいました。

‘逃亡’と表現したのは面白く表現しようとしたもので
わたしも「追撃」していません。

お二人のマナーが悪かった! という目的ではなくて
私芸能人見た! を今になって自慢したかっただけです…

 

ということで この方が紹介されたYoutube動画
リンク先だけご紹介します。>>> こちらから飛べます

 

5年越しのニューヨークボゴミ… びっくりでしたww(^-^;

※一応当時の話は1号ブログにあります>>「今回の旅行は、ほとんどパクボゴムが準備した」コギョンピョ&ボゴミのNY旅行続報

日本のメディア「ホミニス」にボゴミの話題「30歳を迎えたパクボゴム」

そしてこちらは 日本のメディアさんから。

昨晩 こんなコラムが登場しましたよ~ヾ(*´∀`*)ノ

リンク先だけおいときますネ 未見の皆様はぜひどうぞ~>> こちらから飛べます

ソボクの配給会社「クロックワークス」公式SNSに久々、ソボク!!

そしてこちらも「フロムジャパン!」
なんと 数か月ぶり、かな? 

ソボクの配給会社「クロックワークス」の公式SNSに ソボクが!!

…でも 「ラーメンの日」のネタだったんだけど…(^ー^* )フフ♪

#ラーメンの日🍜

研究所育ちのソボクにとって
初めてのカップラーメン

#ソボク #パク・ボゴム

投稿元リンク先はこちら

 

リンク先に飛んでいくと ラーメンを食べてるボゴミがいます <(_ _)>

ネトフリ公式インスタ発「ドラマで見つけたあなたが好きな食べ物は?」

最後は ネトフリ公式インスタから♪

ドラマで見た あなたが好きな食べ物を 選んでください (;・∀・)

あなたの理想的なコンフォートフードとドラマの組み合わせは何ですか?🍜📺 #

投稿元リンク先はこちら

 

さて! この中に ボゴミが ある食べ物と一緒に でてきます… (;・∀・)

その答えは… なんと テクボッキ(トッポッキ)でした www

 

テクちゃん… かわいい… (^ー^* )フフ♪

 

と! いうことで 以上 今日のちょこっとボゴミでした~~ww
ではではまた 夜の部で♪ ここまでご覧くださりありがとうございました(〃▽〃)ポッ

 

May your everyday be a good day
皆さんの毎日が良い日でありますように

 

ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします(〃▽〃)ポッ

 

    パクボゴム「入学式からハンサムな子が入学したと本当に有名だった」学生時代のエピソード詳細♪前のページ

    ネチズンが答えた「困難な時に助けてくれる人が多そうな人脈スターは?」TOP10にパクボゴム!次のページ

    Sponsored Link

    関連記事

    1. パクボゴム最新NEWS

      大阪でも上映決定!パクボゴム出演映画「バトルオーシャン海上決戦」2日間限定公開!

      皆さま アンニョンハセヨ~ 関西の皆さまに朗報ですよ~~(〃▽〃)ポ…

    2. パクボゴム最新NEWS

      「私は魚類界のパクボゴムって呼ばれてるの!」韓国のバラエティ番組で再びボゴミ召喚!

      みなさま あんにょんはせよ~ またまたバラエティ番組に、ボゴミの名前が…

    3. パクボゴム最新NEWS

      イケメン揃いの公式写真、大公開!♡今夜のちょこっとボゴミまとめ

      皆さま こんばんは~ 今日の〆記事です~ (〃▽〃)ポッイケ…

    4. パクボゴム最新NEWS

      来週まで待てない!「今お気に入りの最愛ドラマ」投票、「ボーイフレンド」が現在1位!

      みなさま、アンニョンハセヨ~^^ いよいよ明日、7話が放送される「ボー…

    5. パクボゴム最新NEWS

      【神戸】ボゴミがポトスを買ったお花屋さん「シンコーフラワーセンター本店」

      今日は久々のこちら♬ ボゴミの足跡シリーズin神戸をお届けします♡…

    Sponsored Link

    最近の記事

    日本ブログ村ランキング

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー

    Sponsored link

    関連コンテンツ

    1. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム×コカ・コーラ2020夏CM、TVオンエアスタート!
    2. パクボゴム最新NEWS

      サヘジュンボゴミの新写真登場!「青春の記録」オンライン写真展公開!
    3. パクボゴム最新NEWS

      「パクボゴムと出かけてみる?」コカ・コーラの新しいビハインド写真大公開!
    4. パクボゴム最新NEWS

      これは必見♡ボゴミ&コンユ兄、ファンチョイスの写真がステキです♡
    5. パクボゴム最新NEWS

      イ・スンチョルが絶賛!「実物のパクボゴムは、背も高くて完璧」KBSバラエティ番組…
    PAGE TOP