パクボゴム最新NEWS

ついに確定!パクボゴムの移籍先はYG傘下の事務所「ザ・ブラックレーベル」!所属俳優第1号に!

Sponsored Link

みなさま あんにょんはせよ~ついに、ボゴミの事務所が確定しましたーヾ(*´∀`*)ノ

↑自動和訳変換でヘンテコ日本語になってるんですが、正しい和訳は「[単独]パク·ボゴム、ザ·ブラックレーベル行…YGでもハイブでもないテディの胸に」です。

今日の早朝 6:31に「単独報道」を出した、スポTVニュースに続いて…
ほぼ全社が、すごい勢いで報道中の「確定情報」です!!(〃▽〃)ポッ

ついに確定!パクボゴムの移籍先は、YG傘下の事務所「ザ・ブラックレーベル」!所属俳優第1号に!

詳しくご紹介します がん読みしてください~~~ww

パクボゴムの移籍先は、YG傘下の事務所「ザ・ブラックレーベル」!

ではでは、さっそく! まずは「単独報道」(スクープ)を出した「スポTV」から。

[単独]パク·ボゴム、ザ·ブラックレーベル行…YGでもハイブでもないテディの胸に

※テディ=事務所「ザ・ブラックレーベル」の代表の名前です。

[スポTVニュース=カン·ヒョジン記者] 俳優パク·ボゴムが「ザ·ブラックレーベル」と専属契約を結び、本格的な活動に乗り出す。

30日、Spotvニュースの取材によると、パク·ボゴムは最近、ザ·ブラックレーベルと専属契約を結ぶことにした。先立ってパク·ボゴムはブロッサムエンターテインメントと専属契約を終えた後、YGエンターテインメント、ハイブなど大型企画会社に移籍するという説に包まれた経緯がある。 しかし両社とも「事実無根」と明らかにした状況。

誤伝された様々な噂の中で、本物はまさにザ·ブラックレーベルだった。 パクボゴムはYGでもハイブでもないテディと手を組んで新しい出発に乗り出す予定だ。

一方、慎重に新しい巣を決めたパク·ボゴムは映画「ワンダーランド」の封切りを控えている。 同時に「椿の花咲く頃」のイム·サンチュン作家の新作「本当にお疲れさまでした」出演を確定し、IU(イ·ジウン)と呼吸を合わせる予定だ。

原文サイトはこちら

ついに、ボゴミの事務所が決まりました!!
(12月末にブロッサムと契約終了して1か月…ついに事務所問題終了です)

 

で、上の報道では詳細がわからないので…
そのあと続いてる 後続報道の中から、まずはもう1本続けますネ (^-^;

この記事に、「ザ・ブラックレーベルの公式コメント」が入ってます!ヾ(*´∀`*)ノ

【公式】「FA大漁」パクボゴム、ザ·ブラックレーベル行…テヤン·チョンソミと同じ釜の飯

パク·ボゴム/写真=テンアジアDB

俳優のパク·ボゴムが「ザ·ブラックレーベル」に新しい巣を作った。

30日、ザ·ブラックレーベルは「スクリーンとブラウン管を行き来しながら大衆の信頼と愛を受ける大韓民国代表俳優パク·ボゴムとマネジメント契約を締結した」と明らかにした。

続いて「国内を越えてグローバルな影響力を発揮しているパク·ボゴム俳優と共にすることができてとても嬉しい。 パク·ボゴム俳優の魅力と才能が多様なだけに、色々な分野と俳優としての魅力もさらに深まるように、ザ·ブラックレーベルが持っている強みとノウハウを最大限活用し、全世界を網羅する全面的な支援をする」と付け加えた。

ザ·ブラックレーベルは成長するのに大きく寄与した総括クリエイティブディレクターTEDDYが設立したマネジメント会社で、アーティストのテヤン、チョン·ソミ、Zion.T、アルティ、ローレン、ヴィンス、ブライアンチェイス、エラグロスなどが所属している。

パク·ボゴムは2011年、映画「ブラインド」でデビューし、越えられないビジュアルと代替不可能なキャラクター消化力でしっかりとしたフィルモグラフィーを築いてきた。 ドラマ「ワンダフルママ」、「本当に良い時代」、「君を覚えている」、「ボーイフレンド」、「青春記録」、映画「鳴梁(邦題:バトルオーシャン海上決戦)」、「チャイナタウン(邦題:コインロッカーの女)」、「ソボク」、「ワンダーランド」などジャンルに限定されない演技力で毎回人生キャラクターを作り出し熱い話題を集めた。

特に旋風的な人気を集めたドラマ「応答せよ1988」で天才囲碁棋士チェ·テクを繊細に表現し、深くて濃い感情描写を没入度よく伝え、オナムテク(どうせダンナはテクでしょ)病症候群を形成した。 青春時代劇「雲が描いた月明かり」で主人公の皇太子イ·ヨン役で爆発的な興行と人気を得て信じて見る俳優の仲間入りはもちろん、K-POPスター以上の影響力を発揮し、演技力とスター性を全て備えた俳優としての地位を固めた。

原文サイトはこちら

みなさま… この記事の、この部分。もう1回見てください… (〃ノωノ)ww

ザ·ブラックレーベルが持っている強みとノウハウを最大限活用し、全世界を網羅する全面的な支援をする

 

全世界を網羅する 全面的な支援て… すごくないですか…(〃▽〃)ポッ

ボゴミの夢には、音楽活動も、ハリウッドもあるわけだから…
「全世界」って言葉に、何だかすごーく心強いものを感じます…(〃ノωノ)

 

ところで「ザ・ブラックレーベル」って 初めて聞いた事務所なんだけど…
(ボゴミは所属する俳優第1号だそう。音楽系なだけに、初耳でした)

というわけで その「ザ・ブラックレーベル」。
詳しく調べてみましたよ~(そしたら意外とすごいとこでビックリでしたww)

以下 韓国のウイキより 和訳。

韓国の芸能音楽事務所「ザ・ブラックレーベル」詳細

THEBLACKLABEL


1。 概要
大韓民国の芸能事務所。 2016年YGエンターテインメントのメインプロデューサーTEDDYが設立した。

2. 特徴
2016年3月17日、YGエンターテインメントの傘下レーベルとして設立され、当時ハイグラウンド、PSYGのようにYGエンターテインメントの子会社であり、TEDDYを首長としてKUSH、Zion.T、ソ·ウォンジンが創立メンバーだった。

初期にはハイグラウンドのようにヒップホップおよびR&Bミュージシャンを主軸に典型的なヒップホップレーベルの性格を見せたが、2018年チョン·ソミの迎え入れを皮切りに事業を拡張していたが、2020年、THE BLACK LABELの投資誘致のためにYGエンターテインメントが持分を整理し独立レーベルに生まれ変わることになり 2023年から本格的な独立行動を始めたが、まずテヤンが移籍してシングルアルバムVIBEを発売され、新人ガールズグループもデビューを控えている。 また、パク·ボゴムを迎え入れ、アルバムに続き俳優マネジメント事業を本格化している。


本社社屋はソウル特別市麻浦区合井洞に位置しており、左側の建物がTHE BLACK LABEL社屋であり、右側の建物はYGエンターテインメントの社屋だ。 2021年6月、YGエンターテインメントが新社屋に移転した後、YGエンターテインメントが使っていた旧社屋に移転した。社屋の外形は全般的に暗く、建物の外部および内部施設が一時、国内3大大型企画会社の中で最も現代的であることを誇っただけに、優れていることで有名だ。

原文サイトはこちら

おお~つまりYG傘下 というかグループ会社なわけですネ。

↑ YGが30%株主 (^-^;

それにしても、YGの隣にあるビルがまるごと、この事務所の持ちビルみたいで…
(もとはYG本社ビル)この事務所の中に 録音スタジオもあるそうですよ (〃ノωノ)

で、この「ブラックレーベル」の創始者で社長のテディさん!!
ボゴミと同じ 大学出身者でした (;・∀・)

以下 テディさんの韓国ウイキより詳細。

テディさんとは??

誕生 1978年 9月14日(44歳)ソウル特別市
176cm、64kg
学歴 LA Diamond Bar High School (卒業)
明知(ミョンジ)大学 (英語/学士号)=ボゴミと同じ大学です

大韓民国で活動する韓国系アメリカ人 ラッパーであり音楽プロデューサーだ。また、YGエンターテインメントの代表プロデューサーであり本部長であり、THEBLACKLABELの設立者兼代表取締役である。

2. 特徴
過去ヒップホップグループワンタイムのリーダーとして活動し、メインラッパーを引き受けた。

現在は実質的にYGエンターテイメントの代表プロデューサーであり、YG傘下のラベルであるTHEBLACKLABELの代表も務めており、YGエンターテイメント社団の音楽的なグルといえる。

いわゆる大韓民国3大芸能企画会社の代表音楽プロデューサーで、SMエンターテインメントにユ・ヨンジン、Kenzieがあり、JYPエンターテイメントにパク・ジニョンがあるならYGエンターテインメントにはテディがあるといえる。

ところがこの点で他の二つの企画会社と異なる歩みを見せている。SMエンターテインメント、JYPエンターテインメントはすでに代表プロデューサーたちの引退を想定して多様な曲受給チャンネルを活性化して、これらがなくても次の世代作品を作り出すのに無理がない。

しかし、YGエンターテイメントは依然として過度にテディに依存しているのが事実だ。この点がYGエンターテインメントの代表的なリスク要因に挙げられる。有能なプロデューサーであることには異見がないが、10年以上似たようなサウンドにこだわるという点で呼不号が分かれることもある。

また、担当しているアーティストをほぼ単独でプロデュースするため、アルバム曲が少ないかカムバック時期が長い方だから、事実上ワンタイム活動に赤信号がかかった原因でもある。それでも最近は他の作曲家たちとコラボレーションをたくさんする方だ。BIGBANG曲の全体的な部分を担当し、 2NE1とBLACKPINKはコンセプトから曲まで全体的なプロデュースを担当した。

原文サイトはこちら

YGの代表的なプロデューサーだって…すごいじゃないですか…Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

長短いろいろあるって説明されてるけど すごく才能のある方なのは間違いなし。
音楽もやりたいボゴミをフルサポートしてくれるに違いない…(〃▽〃)ポッ

どうかこれからよろしくお願いします<(_ _)>

 

 

で、ですね… 今日の後続記事。まだまだ「へええええ」っていうのが出てて、
ちょこっと続きをご紹介しますね。

この記事は、この間の「紆余曲折」がなんとなくわかる記事です。
「今日の移籍…早朝に決まったみたい」☛びっくり!

[総合] その時はそうじゃないけど、今は合ってる。パク·ボゴム「YG密接」ザ·ブラックレーベル行

[スポーツ朝鮮ムン·ジヨン記者] その時はそうじゃなくて、今は合ってる。 俳優のパク·ボゴムがテディのもとに行った。

30日、ザ·ブラックレーベルは「スクリーンとブラウン管を行き来しながら大衆の信頼と愛を受けている大韓民国代表俳優パク·ボゴムとマネジメント契約を締結した。 国内を越えてグローバルな影響力を発揮しているパク·ボゴム俳優と共にすることができてとても嬉しい。 パク·ボゴム俳優の魅力と才能が多様なだけに、色々な分野と俳優としての魅力もより一層深まるように『ザ·ブラックレーベル』が持っている強みとノウハウを最大限活用し、全世界を網羅する全面的な支援をする」と伝えた。

先立ってザ·ブラックレーベル側は最近スポーツ朝鮮の取材に対して「(パク·ボゴムのザ·ブラックレーベル行きは)聞いたことがない」と線を引いたが、30日「明け方にパク·ボゴムとの専属契約が急に確定した」と明らかにした。

パク·ボゴムは2011年、映画「ブラインド」でデビューし、越えられないビジュアルと代替不可能なキャラクター消化力でしっかりとしたフィルモグラフィーを築いてきた。 ドラマ「ワンダフルママ」、「本当に良い時代」、「君を覚えてる」、「ボーイフレンド」、「青春記録」、映画「鳴梁(邦題:バトルオーシャン海上決戦)」、「チャイナタウン(邦題:コインロッカーの女)」、「ソボク」、「ワンダーランド」などを披露した。 また「応答せよ1988」を通じてチェテクとして注目され、「雲が描いた月明かり」を披露した。

先立ってパク·ボゴムの迎え入れ説が登場したYGエンターテインメントとは密接な関係であるザ·ブラックレーベルは、テヤン、チョン·ソミ、ジャイアント、アルティ、ローレン、ビンス、ブライアンチェイス、エラグロスなどが所属している。 パクボゴムの迎え入れとともに俳優マネジメントも始める。

原文サイトはこちら

明け方にパク·ボゴムとの専属契約が急に確定した」と明らかにした。

↑明け方に急に決まった って… (;・∀・)

ボゴミ…明け方に決めたのかな…??
そのへんは よくわからないけど とにかく 確定してよかった^^

 

あと 別の記事から一部だけ。

 

「俳優」パク·ボゴムが「歌手」マネジメントで有名なザ·ブラックレーベルと専属契約を結んだだろうか。 パク·ボゴムがブロッサムエンターテインメント以後、FAに出た当時、業界ではパク·ボゴムが今後俳優としての活動の他に歌手としての可能性も十分に開いて活動するという意志を示したという話が流れた。 特にパク·ボゴムは国内だけでなく海外でも旺盛に活動するという抱負であり、俳優所属会社だけでなく歌謡所属会社ともミーティングをするという意思を示した。 そのため、ハイブ移籍説も出せた。

歌手中心のチョン·ソミ、Zion.T、RT、ローレン、ビンス、ブライアンチェイス、エラグロスなどが所属していたザ·ブラックレーベルがパク·ボゴムのために俳優パートを新設するものと見られる。 パク·ボゴムの迎え入れは、ザ·ブラックレーベルレベルでもYGに劣らず大型企画会社として規模を拡大するのに分岐点になりうる好材料だ。

ザ·ブラックレーベルは「国内を越えてグローバルな影響力を発揮しているパク·ボゴム俳優と一緒にできてとても嬉しい。 パク·ボゴム俳優の魅力と才能が多様なだけに、色々な分野と俳優としての魅力もより一層深まるように『ザ·ブラックレーベル』が持っている強みとノウハウを最大限活用し、全世界を網羅する全面的な支援をする」と明らかにした。

原文サイトはこちら

 

本気で音楽もやって、韓国だけじゃなく世界でも活動する!!!

↑ここ大事!!!ヾ(*´∀`*)ノ

近いうちに 日本で 歌手活動+初のコンサートとかも おおいにありえそう…(期待)

 

とにもかくにも ボゴミの新しい「巣」が確定!!
ボゴペンとしては やることは変わらないのだけど(いつでもどこでもボゴミを応援)

ボゴミの新しい門出! 本当におめでとう!!ヾ(*´∀`*)ノ

 

ということで ボゴミの「事務所報道」いろいろ。ひとまずこのへんで^^
続報は 夜の部でご紹介します♡ではではまた^^

ここまでご覧くださりありがとうございましたー(〃▽〃)ポッ

 

May your everyday be a good day
皆さんの毎日が良い日でありますように

 

ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします(〃▽〃)ポッ

    韓国の芸能ブロガーさん発!「パクボゴム×アイユ主演<お疲れさまでした>タイトルの意味&見どころ解説!」前のページ

    追加キャスト決定!「本当にお疲れさまでした」パクボゴム×アイユの「壮年時代」はパクヘジュン&ムンソリに!次のページ

    Sponsored Link

    関連記事

    1. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム、ファンの投稿に久々のリツイート!「もうすぐドラマで会いましょう♬」

      皆さま、アニョハセヨ~♬今日は、またまた朝から、すごいのが出ました…

    2. パクボゴム最新NEWS

      リアルボゴミの日本語コメントに胸キュン♡パクボゴム、FM横浜にコメント出演!

      "ボゴミの日本語が、さらに上達していてドビックリしました~~(〃▽〃)…

    3. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム帰国!羽田→金浦空港到着!!20190523

      みなさま… ボゴミが…もう…韓国に… 帰っちゃいま…

    4. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム、BTS香港公演を観戦!テテちゃんとの友情いつまでも♡

      いやはや… 本日4本目♡ でも…やっぱり~~♡ っていうこちら!!…

    Sponsored Link

    最近の記事

    日本ブログ村ランキング

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー

    Sponsored link

    関連コンテンツ

    1. パクボゴム最新NEWS

      ボゴミの最新インタビュー告知登場♡「ボーイフレンド」メイキングVTR第4弾も公開…
    2. パクボゴム最新NEWS

      青春の記録からBloominまで♬今日のちょこっとボゴミまとめ
    3. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム「早ければ3月前後に軍服を脱ぐ見込み」残りの期間は海軍内部の安保公演に…
    4. パクボゴム最新NEWS

      パクボゴム×TNGT「PRE FALL」撮影スケッチ、VTR公開!
    5. パクボゴム最新NEWS

      BTS、セブチ…今日3日、日本へ出国!ボゴミも?2019MAMAをスマホ&PCで…
    PAGE TOP